Android 向けシングルパスステレオレンダリング機能
Android の 2D テクスチャ オーバーライド

Android Player Settings

このページでは、Android 特有の プレイヤー設定 に関して説明します。プレイヤー設定全般に関する説明は、Player Settings を参照してください。

Icon

Android PlayerSettings ウィンドウの Icon セクション
Android PlayerSettings ウィンドウの Icon セクション
プロパティー 機能
Adaptive Set up textures for the Android Adaptive icons in your app.
Round Set up textures for the Android Round icons in your app.
Legacy Set up textures for the Android Legacy icons in your app.
Enable Android Banner Android TV のビルドのカスタムバナーを有効にします。

Resolution And Presentation

Android PlayerSettings ウィンドウの Resolution and Presentation セクション
Android PlayerSettings ウィンドウの Resolution and Presentation セクション
プロパティー 機能
Resolution and Presentation
Preserve framebuffer alpha Enable Unity to render on top of native Android UI. The camera’s Clear Flags have to be set to Solid color with an alpha less than 1 for this to have any effect. (OpenGL ES only).
Resolution Scaling
Resolution Scaling Mode This option can be used to render the scene on the target device at a resolution lower than screen resolution.
    Disabled Render at full screen resolution.
    Fixed DPI Render at resolution potentially lower than screen resolution.
Target DPI When Resolution Scaling Mode is set to Fixed DPI, this setting determines how much lower the target rendering resolution is going to be. The scale is calculated as min(Target DPI * Factor / Screen DPI, 1). Factor is controlled by Quality Settings.
Blit Type Controls whether a blit is used to present the final image to the screen.
    Always (Always blit) Make Unity render to an offscreen buffer and then copy to the system framebuffer. This is compatible with most devices, but is usually slower than Never blitting.
    Never (Never blit) Make Unity render to the framebuffer provided by the OS. If a condition arises during application run time that causes this to fail, the application will print a one-time warning to the device log. Never blitting is usually faster than Always blitting, but it’s not compatible with all devices.
    Auto Make Unity render to the framebuffer provided by the OS, if possible. If a condition is met that prevents your application from rendering to the system framebuffer, the application switches to offscreen rendering and issues a warning to the device console.
Support Aspect Ratio
Aspect Ratio Mode The aspect ratio for the device. Choose from: Legacy Wide Screen (1.86), Super Wide Screen (2.1) and Custom. When you select Custom, an Up To field appears. Use this to set a maximum screen width.
Orientation
Default Orientation アプリケーションの画面の向きを設定します。
    Portrait デバイスのホームボタンが下側にある画面の向き
    Portrait Upside Down デバイスのホームボタンが上側にある画面の向き
    Landscape Left デバイスのホームボタンが右側にある画面の向き
    Landscape right デバイスのホームボタンが左側にある画面の向き
Allowed Orientations for Auto Rotation (このオプションは Default OrientationAuto Rotation に設定されている場合のみ可能です)
Portrait 縦長方向が可能。
Portrait Upside Down 縦長の逆向きが可能。
Landscape Right 横長方向右 (ホームボタンが左側にある状態) が可能です。
Landscape Left 横長方向左 (ホームボタンが右側にある状態) が可能です。
Other
Use 32-bit Display Buffer ディスプレイバッファを 32 ビット色 (デフォルトは 16 ビット) で作成するかを指定します。 レンダーテクスチャ をディスプレイバッファと同じ形式で作成するので、縞模様が見えたり、 ポストプロセスエフェクト でアルファを必要とする場合に使用します。
Disable Depth and Stencil チェックすると、深度とステンシルバッファが無効になります。
Show Loading Indicator 表示するインジケーターの種類。Don’t ShowLargeInversed LargeSmallInversed Small から選べます。

Splash Image

プロパティー 機能
Virtual Reality Splash Screen VR のアプリケーションで、 Android のスプラッシュスクリーンに使用するテクスチャを指定します。
Android Splash Screen Android のスプラッシュスクリーンに使用するテクスチャを指定します。スプラッシュスクリーン画像の標準サイズは 320x480 です。
Splash Scaling スプラッシュ画像をどのようにデバイスの画面に合うようにスケーリングするかを指定します。このオプションは、Center (スケールダウンのみ)Scale to Fit (レターボックス)Scale to Fill (短い方に合わせ長い方を切り取る) から選択します。

Unity スプラッシュ画面 の設定も参照してください。

Other Settings

Android PlayerSettings ウィンドウの Rendering セクション
Android PlayerSettings ウィンドウの Rendering セクション
プロパティー 機能
Rendering
Color Space アプリケーションに使用する色空間。詳細は リニアライティング を参照してください。
Auto Graphics API 有効にすると、Open Graphics Library (OpenGL) から自動的にグラフィック API が選択されます。有効にすると、Unity は GLES3.1 の使用を試み、デバイスがGLES3.1 に対応していない場合は GLES3 か GLES2 を使用します。有効でない場合、手動でグラフィック API の選択や使用優先度の変更ができます。リストに GLES3 しかない場合は、2 つの追加チェックボックス、Require ES3.1Require ES3.1+AEP が表示され、対応するグラフィックス API を強制的に選ぶことができます。GLES3/GLES3.1/AEP の要件は、GLES2がリストになく、かつ、最小 API レベルが JellyBean (API レベル18) 以上に設定されている場合にのみ、Android マニフェストに追加されます。この場合にのみ、Google Play Store でサポートされていないデバイス上でアプリケーションは表示されません。
Multithreaded Rendering 有効にすると、グラフィックス API の呼び出しを Unity のメインスレッドから別のワーカースレッドに移動します。これにより、メインスレッドで CPU 使用率が高いアプリケーションのパフォーマンスを向上することが可能です。
Static Batching 有効にすると、 静的バッチング をビルドに使用します (デフォルトでは有効になっています)。
Dynamic Batching 有効にすると、 ダイナミックバッチング をビルドに使用します (デフォルトでは有効になっています)。
GPU Skinning 有効にすると、OpenGL ES 3 GPU スキニングを有効にします。GPU スキニングに関する詳細は Wikipedia page on skeletal animation を参照してください。このプロパティーは VR アプリケーションのみに適用され、かつ、Virtual Reality Supported チェックボックスが有効になっているときのみ適用されることに注意して下さい。
Graphics Jobs (Experimental) 有効にすると、他の CPU コア上で動作するワーカースレッドにグラフィックスタスク (レンダリングのループ) をオフロードするように Unity に指示します。これは、メインスレッドの camera.render で費やされる時間を短縮するためのものです。この機能は実験的で、プロジェクトのパフォーマンスが向上しない場合があり、不安定さの原因になる可能性があります。グラフィックスジョブは現在、Vulkan を使用している場合にのみサポートされており、OpenGL ESを使用するときは、このチェックボックスは効果がありません。
Virtual Reality Supported バーチャルリアリティアプリケーションの場合、ここを有効にします。その後、必要な VR SDK をリストに加えます。
Protect Graphics Memory 有効にすると、ハードウェアによって保護されたパスを通したときだけグラフィックスバッファを表示するように強制します。これをサポートするデバイスでのみ作動します。
The Vulkan Settings section of the Android PlayerSettings window
The Vulkan Settings section of the Android PlayerSettings window
Vulkan Settings
Enable SetSRGBWrite() Use SRGB write mode during the frame. This may decrease performance, especially on tiled GPUs.
Use SW Commandbuffers Build the command buffers in the task executor thread instead of building secondary command buffers for rendering API calls.
Android PlayerSettings ウィンドウの Identification セクション
Android PlayerSettings ウィンドウの Identification セクション
Identification
Package Name 固有のアプリケーション ID。デバイス上と Google Play Store でアプリケーションを確認するのに使用されます。(これは iOS と Android 間で共有されます。)
Version バンドルの繰り返し (リリースされたかどうかにかかわらず) を示す、バンドルのビルドバージョン番号を特定します。バージョンはドットで区切られた数字を含む一般的な文字列の形式 (4.3.2 など) で特定されます。
Bundle Version Code An internal version number. This number is used only to determine whether one version is more recent than another, with higher numbers indicating more recent versions. This is not the version number shown to users; that number is set by the versionName attribute. The value must be set as an integer, such as “100”. You can define it however you want, as long as each successive version has a higher number.

For example, it could be a build number. Or you could translate a version number in “x.y” format to an integer by encoding the “x” and “y” separately in the lower and upper 16 bits. Or you could simply increase the number by one each time a new version is released.

Keep this number under 100000 if Split APKs by target architecture is enabled. Each APK must have a unique version code so Unity adds 100000 to the number for ARMv7, 200000 for ARM64 and 300000 for x86.
Minimum API Level アプリケーションを実行するのに必要な API の最小バージョン (API レベル)
Target API Level Target Android version (API level) against which to compile the application.
Android PlayerSettings ウィンドウの Configuration セクション
Android PlayerSettings ウィンドウの Configuration セクション
Configuration
Scripting Runtime Version Choose which .NET runtime to use in your project. For more details, see Microsoft’s .NET documentation.
     .NET 3.5 Equivalent A .NET runtime which implements the .NET 3.5 API. This is the default scripting runtime.
     .NET 4.x Equivalent A .NET runtime which implements the .NET 4 API. This API is newer than .NET 3.5, and as such, it offers access to more APIs, is compatible with more external libraries, and supports C# 6.
Scripting Backend スクリプトバックエンドを選択します。2 つのオプション、IL2CPP、Mono2x があります。デフォルトは Mono2x です。
    IL2CPP ILC2PP をスクリプトバックエンドに設定するには、これを選びます。詳細は IL2CPP を参照してください。
    Mono2x Mono2x をスクリプトバックエンドに設定するには、これを選びます。詳細は Mono’s documentation を参照してください。
API Compatibility Level アクティブな .NET API プロファイルを指定します。.Net 2.0 - NET 2.0 ライブラリ、最大の .NET 互換性、最大のファイルサイズ。.Net 2.0 Subset - 完全な .NET 互換性のサブセット、小さいファイルサイズ。
Mute Other Audio Sources Unity アプリケーションの実行中に他のアプリケーションからのオーディオをバックグラウンドで再生することを停止します。これを有効にすると、Unity アプリケーションはバックグラウンドアプリケーションからのオーディオを停止し、無効にすると、バックグラウンドアプリケーションからのオーディオをUnity アプリケーションと同時に再生し続けます。
Disable HW Statistics デフォルトでは、Unity Android アプリケーションは Unity に匿名のHW 統計を送信します。 これにより、開発者としての意思決定に役立つ集約的な情報を取得できます。これらの統計は http://stats.unity3d.com/ をご覧ください。これらの統計情報の送信を停止するには、このオプションを有効にします。
Target Architectures Allows the application to run on the specified CPUs.
Split APKs by target architecture Create a separate APK for each the CPU architectures selected in Target Architectures. This makes download size smaller for Google Play Store users. This is primarily a Google Play store feature and may not work in other stores. For more details, refer to Multiple APK Support.
Install Location デバイス上でアプリケーションをインストールする場所を指定します (詳細は、Android Developer documentation on install locations を参照してください)。
    Automatic オペレーティングシステムに決定させます。 ユーザーはアプリケーションを前後に移動できます。
    Prefer External 可能な場合は、外部のストレージ (SD カード) にアプリケーションをインストールします。オペレーティングシステムはそれを保証できません。可能でない場合は、アプリケーションは内部メモリにインストールされます。
    Force Internal 強制的に内部メモリにアプリケーションをインストールします。ユーザーは外部ストレージにアプリケーションを移動することはできません。
Internet Access Require に設定すると、ネットワーク API を使用していなくても、Android マニフェスト にネットワーキング (INTERNET) 権限を追加します。これは、開発ビルドではデフォルトで有効になっています。
Write Access External(SDCard) に設定すると、SD カードなどの外部ストレージへの書き込みアクセスを有効にし、対応する権限を Android マニフェストに追加します。 開発ビルドではデフォルトで有効になっています。
Sustained Performance Mode 熱抑制なしで、長時間にわたり予測可能で一定レベルのデバイスパフォーマンスを設定します。 全般的に、この設定を有効にすると、パフォーマンスが低下する可能性があります。 Android Sustained Performance APIに基づいています。詳しくは Android Sustained Performance API を参照してください。
Android TV Compatibility 有効にすると、アプリケーションを Android TV と互換性のあるものと認識させます。
Android Game Android TV - 有効にすると、出力パッケージ (APK) を通常のアプリケーションというよりむしろ、ゲームとして認識させます。
Android Gamepad Support Level Android TV - このオプションを使用すると、アプリケーションがゲームパッドに提供するサポートレベルを定義できます。 オプションは Works with D-PadSupports GamepadRequires Gamepad です。
Scripting Define Symbols カスタムコンパイルフラグ (詳細はプラットフォーム依存コンパイル を参照してください)。
Android PlayerSettings ウィンドウの Optimization セクション
Android PlayerSettings ウィンドウの Optimization セクション
Optimization
Prebake Collision Meshes ビルド時に衝突データをメッシュに追加するか。
Keep Loaded Shaders Alive 有効にすると、シェーダーをアンロードするのを防ぎます。
Preload Shaders アプリケーションの起動時にシェーダーを読み込むか
Preloaded Assets アプリケーションの起動時にアセットの配列を読み込むか
Stripping Level 出力パッケージ (API) サイズを削減するためにスクリプティングの機能を取り除くかどうか (この設定は iOS と Android プラットフォームで共有され、Mono スクリプトバックエンドとのみ使用可能です。)
    Disabled 削減しない
    Strip Assemblies レベル1の削減
    Strip ByteCode (iOS only) レベル2の削減(レベル1からの削減を含む)
    Use micro mscorlib レベル3の削減(レベル1、2からの削減を含む)
Strip Engine Code コードストリッピングを有効にします。 (この設定は IL2CPP スクリプトバックエンドとのみ使用可能です。)
Enable Internal profiler プロジェクトをテストするときに、Android SDK の adblogcat 出力のデバイスのプロファイラーデータを取得したい場合はこれを有効にします (開発ビルドでのみ使用可能)。
Vertex Compression どの頂点チャンネルを圧縮するかを選択します。圧縮はメモリと帯域幅を節約できますが、精度が低くなります。
Optimize Mesh Data メッシュ (接線、法線、色、UV) に適用されるマテリアルに必要のないすべてのデータをメッシュから取り除きます。
Logging 異なるログの種類を有効にします (詳細は StackTraceLogType を参照してください。)。

API Compatibility Level

すべてのターゲットの Mono の API 互換性レベル (API Compatibility Level) を選択できます。時にはサードパーティ製の .NET DLL が、自分の使用したい .NET 互換性レベルに含まれていない場合があります。そのような場合に何が起きているか理解するために、Windows に ILSpy などのツールを設定し、DLL に依存するものを確認します。

Publishing Settings

プロパティー 機能
Keystore
Use Existing Keystore / Create New Keystore 新しい Keystore を作成するか、既存のものを使用するかを選択するボタンです。 Browse Keystore ボタンを使用してファイルシステムから Keystore を選択できます。
Keystore password Keystore のパスワードを作成します。
Confirm password Keystore password と同じパスワードを入力します ( Create New Keystore のオプションが選択されているときのみ使用可能です)。
Key
Alias キーエイリアス
Password キー エイリアスのパスワード
Split Application Binary このオプションを有効にすると、出力パッケージをメイン (APK) パッケージと拡張 (OBB) パッケージに分割します。これは Goolge Play Store に 100 MB を超えるアプリケーションを公開するために必要です。

セキュリティ上の理由から、Unity は Keystore パスワードまたは Key パスワードを保存しません。また、署名は Unity の Playersettings から行う必要があり、jarsigner では行えません。署名されていないデバッグキーストアは、MacOS の場合はデフォルトで ~/.android/debug.keystore、Windows の場合は %USERPROFILE%.android\debug.keystore にあります。

XR Settings

プロパティー 機能
XR Settings
Virtual Reality Supported Unity エディターとゲームビルドに対しネイティブの VR サポートを有効にします。
ARCore Enable use of Google’s ARCore platform.
XR Support Installers
Vuforia Augmented Reality Supported Vuforia Software Development Kit の使用を可能にします。プロパティーを使用可能にするためには、Vuforia Software License を所有し、ライセンス条項に同意する必要があります。

詳細

Bundle Identifier

Bundle Identifier 文字列は、Google Play Store に公開されてデバイスにインストールされたときのアプリケーションの固有の名前です。Identifier の基本構造は com.CompanyName.GameName で、任意に選択できます。Unity では、このフィールドは、便宜上 iOS Player Settings と共有されます。

Stripping Level

たいていのゲームは、デフォルトで含まれる DLL のすべての機能を使用するわけではありません。このオプションを使用すると、未使用のものを取り除いて出力パッケージ (APK) のサイズを小さくすることができます。


  • 2018–06–06 限られた 編集レビュー で修正されたページ

  • 5.5 のアップデート機能

  • Sustained Performance Mode は 2017.3 で追加

  • .NET 4.x runtime added in 2018.1

  • Android Multiple APK features added in 2018.2

Android 向けシングルパスステレオレンダリング機能
Android の 2D テクスチャ オーバーライド