iOS ビルドプロセスの内側
iOS スプラッシュスクリーンのカスタマイズ

Unity XCode プロジェクトの構成

When you build a project for the iOS platform, Unity will create a folder that contains an XCode project. This project is required to compile and sign your app before deploying on devices, and it allows you to prepare and bundle your game for distribution on the App Store.

iOS プロジェクトをビルドする前に Player SettingsBundle Identifier を設定していることを確認します。さらにゲームをデバイスまたはシミュレータで実行する際の SDK version を選択します。

Classes フォルダー

Unity ランタイムおよび Objective-C を統合するコードがここに格納されます。格納されるファイルである main.mm および AppController.mm がアプリケーションのエントリーポイントです。UnityAppController から派生した独自の AppDelegate を作成することが可能です。AppController.h を含むプラグインを使用している場合は UnityAppController.h をかわりに含むことができます。もし Plugins/iOS フォルダーに AppController.mm/h ファイルがある場合は UnityAppController.h へマージするかリネームしてください。

Also the InternalProfiler.h file defines a compiler conditional to enable the Internal Profiler. This is a folder for code that doesn’t change often, and you can place your custom classes here. The changes to this folder are preserved between builds when the append mode is selected, but this function doesn’t support multiple build targets and requires a fixed structure of the Libraries folder.

内部プロファイルは速く、干渉せず、また基本的な情報をフィードしてくれます。

Data フォルダー

This contains the serialized game assets, and .NET assemblies (dll or dat files) as full code (or metadata if stripping is on). The machine.config file is the setup for various .NET services such as security, WebRequest, and more. The content of this folder is refreshed with each build, and you should not modify it.

Libraries フォルダー

This contains the .NET assemblies translated into ARM assembler (s files) or libil2cpp.a if the project was built using IL2CPP. The libiPhone-lib.a file is the Unity Runtime static library, and RegisterMonoModules.cpp binds Unity native code with .NET. The content of this folder is refreshed with each build, and you should not modify it.

その他新たに作成されるカスタムフォルダー

自身のカスタムファイルはここに格納できます。

グラフィックファイル

Icons and splash screens (png files) are kept in asset catalogs found in the Unity-iPhone folder. These files are automatically managed by Unity. Launch Screens, their XML Interface Builders (xib files) and Storyboard files are stored in the project’s root folder. You can set them up in Player Settings. When creating custom launch images, make sure you adhere to Apple’s Human Interface Guidelines.

プロパティーリストファイル

The Info.plist is managed via Player Settings in Unity. This file is updated when building the player, instead of being replaced. You should not modify it unless it is really needed.

その他のファイル

これらには XCode プロジェクトファイル (xcodeproj ファイル)、および Project Navigator でのみ表示されるフレームワークリンクが含まれます。


iOS ビルドプロセスの内側
iOS スプラッシュスクリーンのカスタマイズ