Dropdown
Scroll Rect

Input Field

Input Field は見える UI 制御ではなく、編集可能な Text を作成する方法です。他の相互作用する UI のように、それ自体が見える UI 要素ではないので、 1 つ以上の視覚 UI 要素と組み合わせなければいけません。

空の Input Field
空の Input Field
Input Field に入力されたテキスト
Input Field に入力されたテキスト

プロパティー

プロパティー: 説明:
Interactable Input Field が入力を受け付けるかどうか(bool値)
Transition 遷移オプション は、 Input Field がどのように遷移するかを決めるもので、 Normal, Highlighted, Pressed, Disabled が選択できます
Navigation 制御の一連の流れを決定するプロパティー ナビゲーション操作 を参照してください。
TextComponent この Input Field によって作成される、編集可能な Text 要素
Text 編集を始める前にフィールドに配置されるテキストの初期値
Character Limit Input Field に入力できる文字の最大数
Content Type Input Field に入力できる文字タイプ
Standard どのような文字も入力できます
Autocorrected 意味の通じない言葉の入力をより適切な言葉へ、ユーザーに提案するか、ユーザーが上書きしない限りは自動的に入力されたテキストを置きかえるかを決めます
Integer Number 数字の入力のみを可能にします
Decimal Number 数字と小数点1つのみ入力できます
Alphanumeric 記号を除く、文字と数字が両方入力できます
Name 自動的に各単語の最初の文字を大文字にします Delete キーで、この大文字にするルールを回避することができます。
Email Address アルファベットと数字、 @ を1つ入力できます ピリオド、下線、ドットは連続入力できません。
Password* 入力された文字はアスタリスクで秘匿されます 記号の入力も可能です。
Pin 入力された文字はアスタリスクで秘匿されます 数字のみ入力できます。
Custom Line Type, Input Type, Keyboard Type, Character Validation をカスタマイズできます
Line Type テキストがテキストフィールド内でどのように整形されるかを定義します
Single Line テキストは1行で表示されます
Multi Line Submit テキストを複数行で表示できます 新しい行は必要な場合にのみ使用します。
Multi Line Newline テキストを複数行で表示できます ユーザーはリターンキーで新しい行を使用できます。
Placeholder Input Field にテキストが含まれていないことを示すオプションの ‘空の’ グラフィック です。この ‘空の’ グラフィックは、Input Field が選択されているとき (つまり、フォーカスがあるとき) でも表示されます。例えば、「テキストを入力してください…」
Caret Blink Rate テキストの挿入位置を表す線の点滅頻度を定義します
Selection Color テキストの選択部分の背景色
Hide Mobile Input (iOS のみ) モバイルデバイスで、オンスクリーンキーボードにアタッチされる標準の入力フィールドを隠します この機能は、iOS のみで有効です。

イベント

プロパティー: 説明:
On Value Change Input Field のテキスト内容が変更されたときに実行される UnityEvent イベントは ‘string’ 型のダイナミック引数として現在のテキストの内容を送信することができます。
End Edit ユーザーがテキスト送信するか、フォーカスが Input Field から外れるような場所をクリックするなどをしてテキスト内容の編集を終えたときに呼び出される UnityEvent イベントは ‘string’ 型のダイナミック引数として現在のテキスト内容を送信することができます。

詳細

Input Field スクリプトは、存在するすべての Text オブジェクトに対してメニュー( Component > UI > Input Field )から追加することができます。追加した後は、Text オブジェクトを編集可能にするために Input Field の Text プロパティーへのドラッグしてください。

Text コントロール自身の Text プロパティーはユーザーが入力したように変更され、編集の後には value はスクリプトから検索することができます。リッチテキスト( Rich Text )は編集可能な Text コントロールでは意図的にサポートされていないことに注意してください。つまり、フィールドは、入力された際にはどんなリッチテキストのマークアップでも瞬時に適用しますが、マークアップは本質的に「消えてしまいます」し、スタイリングを変更したり、削除するための後続的な方法がありません。

ヒント

  • Input Field のテキストを取得するには、 InputField コンポーネント自身の text プロパティーを使用し、テキストを表示している Text コンポーネントの text プロパティーは使用しないでください。 Text コンポーネントの text プロパティーは切り落とされたり、パスワード表示用にアスタリスクになっているかもしれないからです。
Dropdown
Scroll Rect