グラフィックス API サポート
Metal

DirectX

To set DirectX11 as your default Graphics API in the Editor or Standalone Player, go to the Player settings (menu: Edit > Project Settings, then select the Player category) and navigate to the Other Settings panel. Disable the Auto Graphics API for Windows property, and choose DirectX11 from the list. For more details, see [Graphics API support](Graphics APIs).

サーフェスシェーダー

サーフェスシェーダー のコンパイルパイプラインのなかには、DX–11 特有の HLSL 構文を理解しないものがあります。そのため、StructuredBuffer、RWTextures、その他のDX9 以外の構文など HLSL 構文を使用する場合は、DX11 専用のプリプロセッサーマクロでラップする必要があります。

テッセレーションシェーダー & ジオメトリシェーダー

サーフェスシェーダーは、単純なテッセレーションとディスプレイスメントをサポートしています。 詳細については、サーフェスシェーダーテッセレーション を参照してください。

シェーダープログラム を手動で作成する場合は、Geometry Shader、Hull Shader、Domain Shader などを含め、 DX11 シェーダーモデル 5.0 の全機能を使用できます。

テッセレーションシェーダーとジオメトリシェーダーは、グラフィックス API のサブセットでのみサポートされています。これは シェーダーコンパイルターゲットレベル によって制御されます。

コンピュートシェーダー

Compute Shaders run on the graphics card and can speed up rendering. See documentation on Compute Shaders for more information.


グラフィックス API サポート
Metal