ランタイム時にリソースをロード
Plugin インスペクター

プラグイン

In Unity, you normally use scripts to create functionality, but you can also include code created outside Unity in the form of a Plugin. There are two kinds of plugins you can use in Unity: Managed plugins and Native plugins.

Managed plugins are managed .NET assemblies created with tools like Visual Studio. They contain only .NET code which means that they can’t access any features that are not supported by the .NET libraries. However, managed code is accessible to the standard .NET tools that Unity uses to compile scripts. There is thus little difference in usage between managed plugin code and Unity script code, except for the fact that the plugins are compiled outside Unity and so the source may not be available.

ネイティブプラグイン はプラットフォームごとのネイティブコードライブラリーです。これらは、システムコールやサードパティのコードライブラリなどといった、元々 Unity で使用できない機能にアクセスすることができます。ただし、Unity のツールからこれらのライブラリーへのアクセスは、マネージドライブラリへのアクセスとまったく同じようにできる訳ではありません。例えば、プロジェクトにマネージドプラグインファイルを加えるのを忘れた場合は、標準のコンパイラーエラーメッセージが出ます。ネイティブプラグインで同じ事をした場合は、プロジェクトを実行しようとしたときにのみエラーレポートが出ます。

This section explains how to create plugins and use them in your Unity Projects.


  • 2018–03–19 限られた 編集レビュー で修正されたページ

  • MonoDevelop replaced by Visual Studio from 2018.1

ランタイム時にリソースをロード
Plugin インスペクター