エディター機能
Preferences

2D and 3D mode settings

When creating a new Project, you can specify whether to start the Unity Editor in 2D mode or 3D mode. However, you also have the option of switching the Editor between 2D mode and 3D mode at any time. You can read more about the difference between 2D and 3D Projects here. This page provides information about how to switch modes, and what exactly changes within the editor when you do.

Switching between 3D and 2D modes

2D/3D モードを変更するには、

  1. Open the Editor settings (top menu: Edit > Project Settings, then select the Editor category).
  2. Then set Default Behavior Mode to either 2D or 3D.
Use the Default Behavior Mode setting in the Editor settings to set the Project to 2D or 3D
Use the Default Behavior Mode setting in the Editor settings to set the Project to 2D or 3D

2D vs 3D mode settings

2D/3D モードを選択することによって、Unity エディターのさまざまな設定が決まります。以下のとおりです。

In 2D Project mode:

  • インポートする画像は、2D 画像(スプライト) と想定され、Sprite モードに設定されます。
  • __スプライトパッカー__が有効になります。
  • シーンビュー は 2D に設定されます。
  • シーンにデフォルトで生成されるゲームオブジェクトで、指向性ライトがありません。
  • カメラのデフォルトの位置は (0, 0, –10) (3Dモードで (0,1,–10) ) です。
  • カメラは、平行投影になるように設定されます (3D モードで 透視投影)。
  • Lighting ウィンドウ
    • 新しいシーンの__スカイボックス__は無効になっています。
    • Ambient Source はカラーに設定されています(カラーで、ダークグレーとして設定: RGB: 54, 58, 66)。
    • 事前計算されたリアルタイム GI は OFF に設定されています。
    • Baked GI は OFF に設定されています。
    • __自動ビルド__は OFF に設定されています。

In 3D Project mode:

  • インポートする画像は2D画像になると想定していません (スプライト)。
  • スプライトパッカー は無効になっています。
  • シーンビュー は 3D に設定されています。
  • シーンにデフォルトで生成されるゲームオブジェクトで、指向性ライトがあります。
  • カメラのデフォルトの位置は (0, 1, –10) (3Dモードで (0, 0, –10) ) です。
  • カメラは 透視投影 になるように設定されます。(2Dモードで 平行投影)
  • Lighting ウィンドウ
    • スカイボックス はビルトインの スカイボックスマテリアル が設定されています。
    • Ambient Sourceスカイボックス に設定されます。
    • Precomputed Realtime GI は、ONに設定されています。
    • Baked GI は ON に設定されています。
    • Auto-Building は ON に設定されます。
エディター機能
Preferences