Preferences
マネージャー設定

Build Settings ウインドウ

Build Settings ウインドウでは、ターゲットとなるプラットホームを選択し、ビルドの設定を調整し、ビルドを開始することができます。 Build Settings ウインドウにアクセスするには、ファイルメニューから File > Build Settings… の順に選択します。設定し終えたら、 Build をクリックしてビルドを開始するか、 Build And Run をクリックしてビルドを作成し、指定したプラットホーム上で実行することができます。

Build Settings ウィンドウ
Build Settings ウィンドウ

Scenes in Build

ウインドウのこの部分には、ビルド時に含まれるプロジェクトのシーンが表示されます。シーンが表示されていない場合、プロジェクトウインドウからシーンのアセットをこのウインドウにドラッグするか、 Add Current ボタンを使用して、現在のシーンをビルドに追加することができます。また、このリスト上でチェックを外すと、リストから削除しなくてもビルドから除外することができます。ビルドする必要がないシーンであれば、キーボードの Delete キーを押してシーンのリストから削除することができます。

このリストに含まれていてチェックのついているシーンがビルドに含まれるようになります。また、リストの順序はシーンのロード順でもあります。上下にドラッグすることでシーンの順序を調整することができます。

Platform リスト

シーンリストの下にあるプラットホーム領域には、あなたが使用しているバージョンの Unity で利用できるプラットホームがリストアップされています。いくつかグレーアウトされているプラットホームがありますが、これは現在使用しているバージョンの Unity では利用できないこと表しており、代わりにプラットフォームのモジュールをダウンロードするための誘導ボタンが表示されます。どのプラットフォーム向けに作成するかを決めるために、リストから1つ選択してください。現在選択しているプラットホームへと変更するには、変更を適用するために “Switch Platform” ボタンを押す必要があります。そのときには、対象のプラットホームに適合するフォーマットでアセットをインポートしなおす必要があるため、切り替えには少し時間がかかります。現在のプラットホームには、プラットホーム名の右側に Unity アイコンが表示されています。

選択しているプラットフォームでは、ビルドを調整するためのオプションのリストが表示されています。これは各プラットフォームで表示されているオプションが違います。オプションは、下記でリスト化しています。全プラットフォームの共通のオプションはこのページの一番下の「全プラットフォーム共通オプション」に記載しています。

PC, Mac & Linux Standalone

オプション 目的
Target Platform
        Windows Windows用のビルド
        Mac OS X Mac用のビルド
        Linux Linux用のビルド
Architecture x86
        x86 32-bit CPU
        x86_64 64-bit CPU
        Universal すべての CPU デバイス
        x86 + x86_64 (Universal) Linux 用のすべての CPU デバイス
Headless Mode サーバー使用として、視覚的な要素を省いたビルドを行います。

iOS

オプション 目的
Xcode での実行モード
        Release リリースバージョン
        Debug 開発向けのテストバージョン
Symlink Unity libraries Xcode プロジェクトへ Unity のライブラリファイルをコピーする代わりに参照を渡します(Xcode プロジェクトのサイズ削減につながります)。

Android

オプション 目的
Texture Compression
        Don’t override
        DXT (Tegra)
        PVRTC (PowerVR)
        ATC (Adreno)
        ETC (default)
        ETC2 (GLES 3.0)
        ASTC
Build System
        Internal (Default) Android SDK ユーティリティに基づき、内部 Unity ビルドプロセスで出力パッケージ (APK) を生成します。
        Gradle (New) Gradle ビルドシステムで出力パッケージ (APK) を生成します。直接の Build and Run とプロジェクトをディレクトリにエクスポートすることをサポートします。 Gradle は Android Studio のネイティブの形式であるため、このオプションでプロジェクトのエクスポートを行うことが推奨されます。
        ADT (Legacy) プロジェクトを ADT (eclipse) 形式でエクスポートします。出力パッケージ (APK) は eclipse か Android Studiocan でビルとされます。このプロジェクトタイプは、すでに Google からサポートされていないため、使用は推奨されません。

WebGL (Preview)

オプション 目的
Optimization Level Development Build が選択されているときは有効になっています。
        Slow (fast builds)
        Fast
        Fastest (very slow builds)

Samsung TV

Samsung TV のビルド設定では、このページで後述の一般的な設定を使います。

Xiaomi

Xiaomi Game Center 用のプロジェクトをビルドするための情報は、Unity の Xiaomi ドキュメンテーション を参照してください。

その他のプラットフォーム

Unity のライセンスが必要なコンソールプラットフォームとデバイスは、別途ページにて記載されています。

全プラットフォーム共通オプション

オプション 目的
Development Build 開発者がテストしたりビルドの工程を把握するために使用します。
Autoconnect Profiler 自動でプロファイラーに接続します。Development Build が有効なときに利用可能です。
Script Debugging スクリプトコードをデバッグします。Development Build が有効なときに利用可能です。

Preferences
マネージャー設定