コンパイラーのオプション
IL2CPP のしくみ

Windows ランタイムサポート

Unity には、ユニバーサル Windows プラットフォームと Xbox One プラットフォーム用の IL2CPP の Windows ランタイムサポートが含まれています。Windows ランタイムサポートを使用して、カスタムの .winmd ファイル同様、内蔵システムの Windows ランタイム API も直接マネージドコードから呼び出します。

自動的に IL2CPP の Windows ランタイムサポートを有効にするには、PlayerSettings に移動し (Edit > Project Settings > Player)、 Configuration セクションで Api Compatibility Level.NET 4.6 に設定します。

PlayerSettings ウィンドウの Configuration セクション。オプション表示は、選択したビルドプラットフォームによって変わります。
PlayerSettings ウィンドウの Configuration セクション。オプション表示は、選択したビルドプラットフォームによって変わります。

Windows ランタイムサポートが有効である場合、Unity は自動的に Windows ランタイム API (ユニバーサル Windows プラットフォームの Windows.winmd など) を参照します。カスタムの .winmd ファイルを使うには、それらを (付属の DLL すべて含めて) Unity のプロジェクトフォルダーにインポートします。 それから、 Plugin インスペクター を使ってファイルをターゲットプラットフォームのために設定します。

Plugin インスペクターを使ってカスタムの .winmd ファイルを特定のプラットフォーム用に設定します。
Plugin インスペクターを使ってカスタムの .winmd ファイルを特定のプラットフォーム用に設定します。

Unity プロジェクトの スクリプト では、ENABLE_WINMD_SUPPORT #define ディレクティブを使用して、プロジェクトで Windows ランタイムサポートが有効になっていることを確認できます。 .winmd Windows API またはカスタム .winmd スクリプトを呼び出す前にこれを使用して、確実にそれらが実行でき、Windows に関連しないスクリプトはそれらを無視するようにします。 これはC#スクリプトでのみサポートされていることに注意してください。以下の例を参照してください。

C#

void Start() {
  #if ENABLE_WINMD_SUPPORT
    Debug.Log("Windows Runtime Support enabled");
    // カスタムの .winmd API をここで呼び出します
  #endif
}

Windows ランタイムサポートが IL2CPP で有効な場合に定義されるのに加え、 Compilation OverridesUse Net Core に設定する場合も .NET で定義されます。

PlayerSettings インスペクターウィンドウの Publishing Settings セクション。Compilation Overrides が赤でハイライトされています。
PlayerSettings インスペクターウィンドウの Publishing Settings セクション。Compilation Overrides が赤でハイライトされています。

• 2017–05–16 編集レビュー 無しに修正されたページ - ページのフィードバックを残す

コンパイラーのオプション
IL2CPP のしくみ