エディター機能
Preferences

2D/3D モード設定

新しいプロジェクトを作成する場合、2D あるいは 3D モードで Unity エディターを開始するかどうかを指定することができます。このモードは、いつでもオプションで 2D/3D の切り替えができます。詳細は2D/3Dプロジェクトを参照してください。本ページでは、編集モードの切り替え方法、切り替えしたいときエディター内で正確に変更する方法についての情報を提供しています。

2D/3D モードの切り替え

2D/3D モードを変更するには、

  1. Edit > Project Settings > Editor メニューを介して Editor Settings Inspector を表示します。 2.Default Behavior Mode2D3D に設定します。

エディター設定 のページで Editor Settings Inspector の詳細があります。

Editor Settings Inspector で Default Behavior Mode を 2D か 3D に設定します。
Editor Settings Inspector で Default Behavior Mode を 2D か 3D に設定します。

2D vs 3D モード設定

2D/3D モードを選択することによって、Unity エディターのさまざまな設定が決まります。以下のとおりです。

2D プロジェクトモード

  • インポートする画像は、2D 画像(スプライト) と想定され、Sprite モードに設定されます。

  • スプライトパッカー は有効になります。

  • シーンビュー は 2D に設定されます。

  • デフォルトで生成されるゲームオブジェクトにはリアルタイムのディレクショナルライトはありません。

  • カメラのデフォルトの位置は (0, 0, –10) です。(3D モードでは (0,1,–10))

  • カメラは、平行投影に設定されます。(3D モードでは 透視投影)

  • Lighting ウィンドウでは
    • 新しいシーンの Skybox は無効です。
    • Ambient SourceColor に設定されます (色は RGB 54, 58, 66)。
    • Precomputed Realtime GI は無効です。
    • Baked GI は無効です。
    • __自動ビルド__は OFF に設定されています。

3Dプロジェクトモード

  • インポートする画像は2D画像になると想定していません (スプライト)。
  • Sprite Packer は無効です。
  • シーンビュー は 3D に設定されます。
  • デフォルトで生成されるゲームオブジェクトには、リアルタイムのディレクショナルライトがあります。
  • カメラのデフォルトの位置は (0, 1, –10) です。(2Dモードでは (0, 0, –10))
  • カメラは 透視投影 に設定されます。(2D モードでは 平行投影)
  • Lighting ウィンドウでは
    • Skybox はビルトインのデフォルト Skybox Material に設定されます。
    • Ambient SourceSkybox に設定されます。
    • Precomputed Realtime GI は有効です。
    • Baked GI は有効です。
    • Auto-Building は有効です。
エディター機能
Preferences