WebGL のネットワーク
WebGL のパフォーマンスについて

WebGL でオーディオの使用

WebGL のオーディオは他のプラットフォームとは異なります。他のプラットフォームでは、オーディオの再生やミキシングを行うために FMOD が内部で使用されています。ですが、WebGL ではスレッドがサポートされておらず、他の方法を取らざるを得ませんでした。そこで Web Audio API を内部ベースとして、ブラウザ側でオーディオの再生とミキシングを実装するようにしました。

残念ながら、WebGL では一般的な機能のみをサポートしており、一部のオーディオ機能に制限があります。このページでは、対応している機能について説明します。ここに記載されていないものは現在サポートされていません。

AudioSource

AudioSource では、オーディオ再生からの一時停止、再開、パニング、ロールオフ、ピッチ、ドップラー効果をサポートしています。

以下の AudioSource API はサポートされています。

プロパティー

メソッド

AudioListener

AudioListener の API はすべてサポートされています。

AudioClip

WebGL の AudioClip は、常に AAC フォーマットとしてインポートされます。これは、異なるブラウザで広くサポートしているフォーマットであるからです。

以下の AudioClip の API はすべてサポートされています。 サポートされているAPI

プロパティー

メソッド

  • Create AudioClip.Create は部分的にサポートされています。ストリーミングのパラメーターを false に、さらにオーディオサンプルが完全に読み込みされたときのみ AudioClip.Create を呼び出すことができます。呼び出すと、戻り値が返る前にクリップが作成され、すべてのサンプルが読み込まれます。
  • SetData AudioClip.SetData は部分的にサポートされています。具体的には、 AudioClip の内容をすべて入れ替えることができるというものです。 offsetSamples パラメータは無視されます。

WWW.audioClip

WWW.audioClip は、ブラウザが対応している形式のオーディオクリップであれば動作します。各ブラウザが対応している形式はこのページで確認することができます。

Microphone

Microphone クラスは WebGL ではサポートされていません。

WebGL のネットワーク
WebGL のパフォーマンスについて