Quality Settings
Network Manager

Graphics Settings

Scriptable RenderLoop settings

Scriptable RenderLoop settings (スクリプト可能なレンダーループ設定) は実験的な設定で、Unity のデフォルトのレンダリングパイプラインを使う代わりに、コマンド群を定義しシーンをどのようにレンダリングするかを正確に制御することができます。この実験的な機能に関する詳細は、GitHub の Scriptable Render Pipeline ドキュメントを参照してください。

Camera settings (カメラ設定)

これらのプロパティーは様々なレンダリングの設定を制御します。

設定 説明
Transparancy Sort Mode Unityのレンダラーはレイヤー番号やカメラからの距離などいくつかの基準によってソートされます。Transparency Sort Mode では、レンダリング可能なオブジェクトを特定の軸に沿った距離で順番づけることができます。これは、一般的に 2D の開発にのみ役に立ちます。例えば、スプライトを高さ、または、 Y 軸に沿ってソートします。
Default オブジェクトをカメラモードに基づいてソートします。
Perspective オブジェクトを透視投影ビューに基づいてソートします。
Orthographic オブジェクトを平行投影ビューに基づいてソートします。
Transparancy Sort Axis これを使ってカスタムの Transparency Sort Mode を設定します。

Tier settings (階層の設定)

PlayerSettings インスペクターウィンドウに表示された Tier Settings
PlayerSettings インスペクターウィンドウに表示された Tier Settings

この設定を使うと、ビルトインの定義を微調節して、レンダリングとシェーダーコンパイルにプラットフォーム特定の調整を行うことができます。例えば、これを使って、上層の iOS デバイスでカスケードシャドウを有効にする一方、下層の iOS デバイスでカスケードシャドウを無効にして、パフォーマンスを向上させることができます。階層は Rendering.GraphicsTier で定義できます。

プロパティー 機能
Standard Shader Quality スタンダードシェーダーの品質を選択することができます。
Reflection Probes Box Projection リフレクションプローブボックスプロジェクションを使用するかどうかを指定できます。
Reflection Probes Blending リフレクションプローブブレンディングを使用するかどうかを指定します。
Detail Normal Map 詳細な法線マップをサンプリングするかどうかを指定します。
Enable Semitransparent Shadows 詳細な半透明の影をサンプリングするかどうかを指定します。
Cascaded Shadows カスケードシャドウマップを使用するかどうかを指定します。
Use HDR これを有効にすると、この階層の HDR レンダリングを可能にします行うことができます。無効にすると、この階層の HDR レンダリングを行えません。詳しくは HDR レンダリング を参照してください。
HDR Mode 階層に使用する CameraHDRMode
Rendering Path 使用するレンダリングパス

Built-in shader settings (ビルトインシェーダーの設定)

この設定を使って、リストされている各レンダリングパスのどのシェーダーでライティングパスの計算を行うかを特定します。

シェーダー 計算
Deferred デファードライティングを使用するときに、これを使用します。 [Camera: Rendering Path)(class-Camera) を参照してください。
Deferred Reflection デファードライティングと一緒にデファードリフレクション (つまり、リフレクションプローブ) を使用するときに、これを使います。 [Camera: Rendering Path)(class-Camera) を参照してください。
Screen Space shadows スクリーン空間の影を使用するときに、これを使います。
Legacy deferred 古いデファードライティングを使用するときに、これを使います。 [Camera: Rendering Path)(class-Camera) を参照してください。
Motion Vectors 古いディファードライティングを使用するときに、これを使います。MeshRenderer::Motion Vectors を参照してください。
Lens Flare レンズフレアを使用するときに、これを使います。 フレア を参照してください。
Light Halo ライトハローを使用するときに、これを使います。 ハロー を参照してください。
設定 説明
Built-in shader (デフォルト値) Unity のビルトインシェーダーを使用して計算を行います。
Custom shader 自身の適切なシェーダーを使用して計算を行います。デファードレンダリングを深くカスタマイズすることができます。
No Support 計算を不可能にします。デファードシェーディングやでライティングを使用しない場合に使用すると、作成されたゲームのデータファイルのスペースを節約できます。

Always Included Shaders (常設のシェーダー)

シーン中で使用する/しないに関わらず、常にプロジェクトに入れておきたいシェーダーのリストを作成します。ストリーミングされるアセットバンドルからのアクセスを確実なものにするためには、アセットバンドルが使用するシェーダーをこのリストに追加しておくことが重要です。

Shader stripping (シェーダーの除去) - Lightmap modes と Fog modes

ライティングとフォグに関わるシェーダーを除去することにより、ビルドのデータサイズを小さくし、読み込み時間を短縮します。

設定 説明
Automatic (デフォルト) Unity は、シーンやライトマップの設定を基にして、使用されていない Fog モードや Light map モードを判定し、それに関連する種類のシェーダーバリアントを省きます。
Manual 使用するモードを手動で指定します。アセットバンドルのビルド を行う場合や、ランタイムに Fog モードをスクリプトで変更する場合は、これを選択します。使用したいモードが含まれていることを確認してください。

Shader stripping - Instancing variants (インスタンシングバリアント)

設定 説明
Strip Unused (デフォルト) プロジェクトをビルドするときに、シェーダーを参照するマテリアルの少なくとも 1 つで “Enable instancing” が有効である場合には、Unity はインスタンシングシェーダーだけしか持ちません。Unity は “Enable instancing” が有効なマテリアルに参照されていないシェーダーをすべて除去します。
Strip All たとえ使用中であっても、すべてのインスタンシングシェーダーバリアントを除去します。
Keep All たとえ使用されていなくても、すべてのインスタンシングシェーダーバリアントを維持します。

インスタンシングバリアントに関する詳しい情報はGPU インスタンシング を参照してください。

Shader preloading (シェーダーのプリロード)

ゲームの読み込み中にプリロードするシェーダーバリアントコレクションアセットのリストを指定します。このリストで指定されたシェーダーバリアントは、アプリケーションの存続期間中ロードされます。頻繁に使用されるシェーダーのプリロードに使用します。詳細は、シェーダーのロード時間を最適化 を参照してください。

参照


  • 17–05–08 限られた 編集レビュー で修正されたページ
  • 階層設定の説明を更新
  • 5.6 の新機能
Quality Settings
Network Manager