ビデオソース
ビデオファイルについて

ビデオファイルの互換性

Unity は多くの異なる形式のビデオファイルをインポートできます。インポート後、ビデオファイルは ビデオクリップ アセットとして格納されます。

ただし、ビデオファイルの互換性は使用するプラットフォームによって異なります。以下の完全な互換性の表を参照してください。

拡張子 Windows OSX Linux
.asf
.avi
.dv
.m4v
.mov
.mp4
.mpg
.mpeg
.ogv
.vp8
.webm
.wmv

これらの形式はそれぞれ、多くの異なる [コーデック] を持つトラックを含むことができます。各プラットフォームの各バージョンは異なるコーデックをサポートしているので、作業しているプラットフォームの公式ドキュメントを参照してください。例えば、Windows と OSX は両方とも、それぞれのコーデックの互換性について公式のドキュメントを提供しています。Windows または OSX プラットフォームの互換性に関する情報は、Windows またはOSX の公式ドキュメントを参照してください。

エディターがファイル内のトラックのコンテンツを読み込むことができない場合は、エラーメッセージが表示されます。このような場合は、ソースからトラックを変換または再エンコードする必要があります。すると、エディタープラットフォームのネイティブライブラリで使用できるようになります。

H.264 (通常は .mp4、.m4v、.mov 形式) はサポートされた最適なビデオコーデックで、プラットフォーム間で最高の互換性を提供します。

ビデオクリップ は、Video Clip インポーターの Transcode チェックボックスのチェックを外すことで、トランスコードなしでも使用できます (詳細は、[ビデオソース] のドキュメントを参照してください)。このようにすると、追加の変換を行わずにビデオファイルを使用することができます。これにより、時間が短縮され、再エンコードによる品質の低下が避けられます。

__注意__ 良い結果を得るには、各ターゲットプラットフォームでビデオファイルがサポートされていることを確認してください。


  • 2017–05–18 編集レビュー を行ってパブリッシュされたページ

  • 5.6 の新機能

ビデオソース
ビデオファイルについて