WebGL のネットワーク
WebGL のパフォーマンスについて

WebGL でオーディオの使用

WebGL のオーディオは他のプラットフォームとは異なります。他のプラットフォームでは、オーディオの再生やミキシングを行うために FMOD が内部で使用されています。ですが、WebGL ではスレッドがサポートされておらず、他の方法を取らざるを得ませんでした。そこで Web Audio API を内部ベースとして、ブラウザ側でオーディオの再生とミキシングを実装するようにしました。

残念ながら、WebGL では一般的な機能のみをサポートしており、一部のオーディオ機能に制限があります。このページでは、対応している機能について説明します。ここに記載されていないものは現在サポートされていません。

AudioSource

AudioSource では、オーディオ再生からの一時停止、再開、パニング、ロールオフ、ピッチ、ドップラー効果をサポートしています。

The following AudioSource APIs are supported:

プロパティ

Methods

AudioListener

All AudioListener APIs are supported.

AudioClip

WebGL の AudioClip は、常に AAC フォーマットとしてインポートされます。これは、異なるブラウザで広くサポートしているフォーマットであるからです。

The following AudioClip APIs are supported:

プロパティ

Methods

  • AudioClip.Create is supported partially: it only works if the streaming parameter is set to false and the complete audio samples can be loaded at the time AudioClip.Create is called. It then creates the clip and loads all samples before returning control.
  • AudioClip.SetData is supported partially: it only works for replacing the entire contents of the AudioClip. The offsetSamples parameter is ignored.

SystemInfo.supportsAudio

SystemInfo.supportsAudio is not implemented on WebGL and always returns true.

WWW.audioClip

WWW.audioClip should work in WebGL, if the audio clip is in a format which is natively supported by the browser. See Mozilla’s documentation on supported media formats for a list of supported formats in different browsers.

Microphone

The Microphone class is not supported in WebGL.

WebGL のネットワーク
WebGL のパフォーマンスについて