ゲームビュー
インスペクターウィンドウ (Inspector ウィンドウ)

ヒエラルキーウィンドウ

新しい Unity プロジェクトを開いたときに表示されるデフォルトのヒエラルキーウィンドウ
新しい Unity プロジェクトを開いたときに表示されるデフォルトのヒエラルキーウィンドウ

Hierarchy ウィンドウには現在のシーンにおける各ゲームオブジェクト (この説明では「オブジェクト」とも呼ばれています) のリストが表示されます。これらのいくつかは Asset ファイル (3D モデルなど) のインスタンスそのもので、その他は、プレハブのインスタンスで、ゲームのほとんどを構成するカスタムオブジェクトです。オブジェクトはシーンの中で加えたり、削除したりするので、Hierarchy ウィンドウでも、表われたり、消えたりします。

デフォルトでは、オブジェクトは作成された順に Hierarchy ウィンドウにリストされます。オブジェクトをドラッグして上下に順番を替えたり、「子」や「親」のオブジェクトにしたりできます (下の説明を参照)。

親子関係

Unity では 親子関係 というコンセプトが使われています。ひとまとまりのオブジェクトを作成するとき、最上位のオブジェクトかシーンは「親オブジェクト」と呼ばれます。その下にグループ化されているすべてが「子オブジェクト」または「子」と呼ばれます。また、入れ子式の親子オブジェクトを作ることもできます (最上位の親オブジェクトの「子孫」と呼ばれます)。

この画像では Child と Child 2 は Parent の子オブジェクトです。 Child 3 は Child 2 の子オブジェクトで、 Parent の子孫オブジェクト。
この画像では ChildChild 2Parent の子オブジェクトです。 Child 3Child 2 の子オブジェクトで、 Parent の子孫オブジェクト。

親オブジェクトのドロップダウンの矢印 (名前の左側) をクリックして、子を表示/非表示にできます。ドロップダウンの矢印をクリックするときに Alt キーを押したままにすると、直接の子オブジェクトだけでなく、すべての子孫オブジェクトの表示/非表示を切り替えることができます。

子オブジェクトの作成

あるオブジェクトの「子」オブジェクトを作成するには、Hierarchy ウィンドウ内で「子」にしたいオブジェクトを「親」にしたいオブジェクトの上にドラッグアンドドロップします。

この図で Object 4 (選択) を親にしたい Object 1 (薄い水色で囲い) 上にドラッグ
この図で Object 4 (選択) を親にしたい Object 1 (薄い水色で囲い) 上にドラッグ

また、オブジェクトを他のオブジェクトと同等にして「兄弟」つまり、同じ親オブジェクト下のオブジェクト同士にすることもできます。オブジェクトを他のオブジェクトの上か下に平行な青い線が現れるまでドラッグし、そこにドロップして同等の関係にします。

![この図で Object 4 (選択) を Object 2Object 3 (青い平行線で指示) の間にドラッグアンドドロップし、 Object 1 (薄い水色の囲い) の下のこれらの 2 つのオブジェクトと「兄弟」にします。

子オブジェクトは親オブジェクトの動きと回転を継承します。これに関する詳細は、Transform を参照してください。

Alphanumeric (英数字順) ソート

Hierarchy ウィンドウのオブジェクトの順番は英数字の順番にすることができます。メニューバーから Windows では Edit > Preferences を、OS X では Unity > Preferences を選択し、Preferences ウィンドウを開きます。Enable Alpha Numeric Sorting をチェックします。

これをチェックすると、Hierarchy ウィンドウの右上にアイコンが表示され、Transform ソート (デフォルト) か Alphabetic ソートを切り替えることができます。

マルチシーン編集

Hierarchy ウィンドウ上で一度に複数のシーンを開くことも可能です。詳しくは マルチシーン編集 をご参照ください。

ゲームビュー
インスペクターウィンドウ (Inspector ウィンドウ)