Terrain Engine
高さツール

テレインの作成と編集

テレインのゲームオブジェクトをシーンに加えるには、メニューから GameObject > 3D Object > Terrain の順に選択します。対応するテレインアセットも Project ウィンドウに加えられます。 これを行うと、ランドスケープは最初は大きな平面です。Terrain の Inspector ウインドウには、ランドスケープの様相の詳細を作成するために使用できる多くのツールが用意されています。

インスペクター上に表示される Terrain 編集ツール
インスペクター上に表示される Terrain 編集ツール

ツリー配置ツールと設定パネルを除き、ツールバーにあるすべてのツールには、一式の Brushes (ブラシ) と、Brush Size (ブラシサイズ)、Opacity (不透明度) の設定が付いています。これはイメージエディターのペインティングツールと似ています。なぜならテレインのディテールもこれとまったく同じ方法、つまりランドスケープにディテールを「ペイントする」という方法で作成されるためです。バーの左端にあるツール (Raise/Lower Terrain) を選択してシーンビューの地形上でマウスを動かすと、カーソルが表面上でスポットライトのように表示されます。マウスをクリックすると、ランドスケープ上のマウスの位置に、段階的な高さの変化をペイントできます。Brushes ツールバーからいろいろなオプションを選択すれば、さまざまな形でペイントを行うことができます。Brush SizeOpacity のオプションでは、それぞれ、ブラシの領域と効果の強さを変えられます。

各ツールに関する詳細説明は、後述のセクションを参照してください。ただし、これらはすべてディテールのペインティングに関するものであり、ブラシ、ブラシサイズ、不透明度のオプションは、ツリー配置ツールを除いてはすべて同じになります。これらのツールは地形の高さの設定や、彩色、植物やその他のオブジェクトを追加するのにも使用できます。

Terrain のキーボードショートカット

Terrain インスペクターでは、以下のキーボードショートカットが使用できます。

  • F1 から F6 のキーを押すと、それぞれのテレインツールを選択できます (例えば、F1 は Raise/Lower ツールを選択します)。
  • カンマ (,) とピリオド (.) を押すと、使用可能なブラシを次々に選択します。
  • Shift-カンマ (<) and Shift-ピリオド (>) を押すと、ツリー、テクスチャ、ディテールに使用可能なオブジェクトを次々に選択します。

上記に加え、テレインでは F キーの機能が通常とは少し異なります。通常はマウスがシーンビュー上にある場合はオブジェクト全体の選択がフレームされます。しかし、地形は通常は非常に大きいため、F キーを押すと、地形内で現在マウス(ブラシ)が置かれている部分にシーンビューがフォーカスされます。これにより、編集したい部分に直感的に素早くジャンプすることが可能になります。マウスが地形オブジェクトから離れた状態で F キーを押すと、フレーミング挙動は通常のものとなります。

Terrain Engine
高さツール