Version: 2017.1
アニメーションパラメーター
State Machine Behaviour

State Machine Transition

State Machine Transition は、巨大で複雑になったステートマシンを単純化にする手助けをします。それらは理屈抜きでステートマシンの高レベルな抽象化を可能にします。

アニメーターウィンドウには必ず Entry ノードと Exit ノードがあります。それらは State Machine Transition で使用されます。

Entry ノードはステートマシン内でのトランジション開始時に使用します。Entry ノードは評価され、条件に従い移行先のステートに分岐します。このように、独自パラメータに設定されたステートをステートマシン開始時に評価することによって、Entry ノードはステートマシン内で開始されたどんなステートでも制御することができます。

ステートマシンは常にデフォルトステートを持っているため、常にデフォルトのトランジションが Entry ノードからデフォルトステートに分岐している事になります。

Entry ノードがデフォルトのステートに遷移している図
Entry ノードがデフォルトのステートに遷移している図

どのステートから開始するかどうかを制御するように、Entry ノードから他のステートへ遷移するための Transition を追加することができます。

Entry ノードから複数の Transition を生やす
Entry ノードから複数の Transition を生やす

Exit ノードはステートマシンを終了させるために使用します。

ステートマシン内にあるどのサブステートも、ステートマシンの分岐と完了を検討できるので、それらの entry と exit ノードを使う事によって、より簡潔に、トップレベルのステートマシンからのフローを、それらのサブステートマシンに入れ込むように、制御できます。

ステートマシンの遷移は、標準のステート遷移とミックスすることが可能なので、ステートからステート、ステートからステートマシン、あるステートマシンから直接他のステートマシンへと、遷移することができます。

アニメーションパラメーター
State Machine Behaviour