GUI スキン (IMGUI)
ナビゲーションと経路探索

GUI Style (IMGUI)

GUIStyle (GUI スタイル) は、UnityGUI で使用するためのカスタムの属性の集合です。1 つの GUI スタイルは、UnityGUI コントロール の外観を定義します。

Inspector の GUI スタイル
Inspector の GUI スタイル

スタイルを複数のコントロールに加えたい場合、GUI スタイルの代わりに、GUI スキン (IMGUI) を使用します。UnityGUI の詳細については、Immediate Mode GUI (IMGUI) を参照してください。

ノート: ここでは、IMGUI システムの一部を紹介します。IMGUI は、スクリプティングのみ による UI システムです。Unity には、完全にゲームオブジェクトベースの UI システムもあり、こちらを好むユーザーもいます。ゲームオブジェクトベースの UI システムでは、ユーザーインターフェースの要素を可視のオブジェクトとしてシーンビューで設計したり、編集したりすることができます。詳細は UI ページを参照してください。

プロパティー

プロパティー 機能
Name この特定のスタイルを参照するためのテキスト文字列。
Normal デフォルトの状態のコントロールの背景画像とテキスト色。
Hover コントロールにマウスカーソルを合わせたときの背景画像とテキスト色。
Active コントロールをクリックしたときの背景画像とテキスト色。
Focused コントロールにキーボードフォーカスを合わせたときの背景画像とテキスト色。
On Normal コントロールが有効な状態にあるときの背景画像とテキスト色。
On Hover 有効なコントロールにマウスカーソルを合わせたときの背景画像とテキスト色。
On Active 有効なコントロールをクリックしたときのプロパティー。
On Focused 有効なコントロールにキーボードフォーカスを合わせたときの背景画像とテキスト色。
Border コントロールの形状のスケールによって影響されない 背景 画像の各辺のピクセル数。
Padding コントロールの各端からコンテンツの開始点までのスペース (単位ピクセル)。
Margin このスタイルでレンダリングされる要素とその他の GUI コントロールとの間の余白。
Overflow 背景画像に追加される余分なスペース。
Font このスタイルですべてのテキストに使用されるフォント。
Image Position 背景画像とテキストの結合のされ方。
Alignment 標準のテキスト整列オプション。
Word Wrap 有効にすると、コントロールの境界に達したテキストが次の行に折り返されます。
Text Clipping Word Wrap が有効の場合、 コントロールの境界を超えたテキストの処理方法を選択します。
        Overflow コントロールの境界を超えたテキストは境界を超えても表示されます。
        Clip コントロールの境界を超えたテキストは非表示になります。
Content Offset その他のプロパティーに加え、X 軸と Y 軸に沿ってコンテンツが移動されるピクセル数。
        X 左/右のオフセット。
        Y 上/下のオフセット。
Fixed Width コントロールの幅のピクセル数で、与えられたいかなる Rect() 値も無効にします。
Fixed Height コントロールの幅のピクセル数で、与えられたいかなる Rect() 値も無効にします。
Stretch Width 有効にすると、このスタイルを使用するコントロールが水平に引き伸ばされ、レイアウトが改善されます。
Stretch Height 有効にすると、このスタイルを使用する コントロールが垂直に引き伸ばされ、レイアウトが改善されます。

詳細

GUIStyle は、スクリプトから宣言され、インスタンスごとに修正されます。カスタムスタイルで 1 つまたは 2–3 のコントロールを使用したい場合、スクリプトでこのスタイルを宣言し、Control 関数の引数としてそのスタイルを渡します。このようにすると、定義したスタイルでコントロールを表示できます。

まず、スクリプトで GUI スタイルを宣言する必要があります。

/* Declare a GUI Style */
var customGuiStyle : GUIStyle;

...


ゲームオブジェクトにこのスクリプトをアタッチすると、Inspector に修正可能なカスタムスタイルが表示されます。

スクリプトで宣言されたスタイルは、スクリプトの各インスタンスで修正できます
スクリプトで宣言されたスタイルは、スクリプトの各インスタンスで修正できます

特定のコントロールにこのスタイルを使用させたい場合に、Control 関数の最後の引数に、スタイルの名前を渡します。

...

function OnGUI () {
    // 特定のスタイルを使うには、最後の引数としてスタイルの名を渡します
    GUILayout.Button ("I am a custom-styled Button", customGuiStyle);

    //特定のスタイルを適用しない場合は、スタイル名を渡しません
    GUILayout.Button ("I am a normal UnityGUI Button without custom style");
}


コードサンプルで作成したように、2 つのボタンで 1 つはスタイルあり
コードサンプルで作成したように、2 つのボタンで 1 つはスタイルあり

UnityGUI の使用に関する詳細は、Immediate Mode GUI (IMGUI) を参照してください。

GUI スキン (IMGUI)
ナビゲーションと経路探索