Presets
Project Settings

Build Settings ウインドウ

Build Settings ウインドウでは、ターゲットとなるプラットホームを選択し、ビルドの設定を調整し、ビルドを開始することができます。 Build Settings ウインドウにアクセスするには、ファイルメニューから File > Build Settings… の順に選択します。設定し終えたら、 Build をクリックしてビルドを開始するか、 Build And Run をクリックしてビルドを作成し、指定したプラットホーム上で実行することができます。

Build Settings ウィンドウ
Build Settings ウィンドウ

Scenes in Build

ウインドウのこの部分には、ビルド時に含まれるプロジェクトのシーンが表示されます。シーンが表示されていない場合、プロジェクトウインドウからシーンのアセットをこのウインドウにドラッグするか、Add Open Scenes ボタンを使用して、現在のシーンをビルドに加えることができます。また、このリスト上でチェックを外すと、リストから削除しなくてもビルドから除外することができます。ビルドする必要がないシーンの場合は、キーボードの Delete キーを押してシーンのリストから削除することができます。

このリストに含まれていてチェックのついているシーンがビルドに含まれるようになります。また、リストの順序はシーンのロード順でもあります。上下にドラッグすることでシーンの順序を調整することができます。

Platform リスト

シーンリストの下にある Platform には、使用しているバージョンの Unity で利用できるプラットフォームがリストアップされています。いくつかグレーアウトされているプラットフォームがありますが、これは現在使用しているバージョンの Unity では利用できないことを意味しており、プラットフォームのモジュールをダウンロードするための誘導ボタンが表示されます。どのプラットフォーム向けに作成するかを決めて、リストから 1つ選択してください。現在選択しているプラットホームへと変更するには、適用するために Switch Platform ボタンを押す必要があります。そのときには、対象のプラットフォームに適合するフォーマットでアセットをインポートしなおす必要があるため、切り替えには少し時間がかかります。現在のプラットフォームには、右側に Unity アイコンが表示されています。

選択しているプラットフォームでは、ビルドを調整するためのオプションのリストが表示されています。これは各プラットフォームで表示されているオプションが違います。オプションは、下記でリスト化しています。全プラットフォームの共通のオプションはこのページの一番下の「全プラットフォーム共通オプション」に記載しています。

PC, Mac & Linux Standalone

オプション 目的
Target Platform
        Windows Windows用のビルド
        Mac OS X Mac用のビルド
        Linux Linux用のビルド
Architecture x86
        x86 32-bit CPU
        x86_64 64-bit CPU
        Universal すべての CPU デバイス
        x86 + x86_64 (Universal) Linux 用のすべての CPU デバイス
Server Build Build the Player for server use and with no visual elements (headless) without the need for any command line options. When enabled, Unity builds managed scripts with the UNITY_SERVER define, which enables you to write server-specific code for your applications. You can also build to the Windows version as a console app so that stdin and stdout are accessible (Unity logs go to stdout by default).
Copy PDB files (Windows のみ) ビルドされたスタンドアロンプレイヤーに Microsoft プログラムデータベース (PDB) ファイルを加えます。PDB ファイルは、デバッグに役立つアプリケーションのデバッグ情報を含みますが、プレイヤーのサイズを増加させる場合があります。この設定はデフォルトでは無効になっています。
Headless Mode サーバー用として、視覚的な要素を省いたビルドを行います。

iOS

Option Purpose
Run in Xcode Select the version of Xcode to use in the build. When set to Latest version,the build uses the most recent version of Xcode on your machine.
Run in Xcode as
Release Shipping version
Debug Testing version
Symlink Unity libraries Reference to the Unity libraries instead of copying them into the XCode project. (Reduces the XCode project size.)

Android

For information on Android build settings, see Building apps for Android.

WebGL

WebGL のビルド設定は、このページで後述の一般的な設定を使います。

Samsung TV

Samsung TV のビルド設定は、このページで後述の一般的な設定を使います。

Xiaomi

Xiaomi Game Center 用のプロジェクトをビルドするための情報は、Unity の Xiaomi ドキュメンテーション を参照してください。

その他のプラットフォーム

Unity のライセンスが必要なコンソールプラットフォームとデバイスは、別途ページにて記載されています。

全プラットフォーム共通オプション

オプション 目的
Development Build 開発者がテストしたりビルドの工程を把握するために使用します。
Autoconnect Profiler 自動でプロファイラーに接続します。Development Build が有効なときに利用可能です。
Script Debugging スクリプトコードをデバッグします。Development Build が有効なときに利用可能です。
Scripts Only Build Build just the scripts in the current Project.
Compression Method Compress the data in your Project when building the Player. This includes Assets, Scenes, Player settings and GI data. Choose between the following methods:
Default On PC, Mac, Linux Standalone, and iOS, there is no compression by default. On Android, the default compression is ZIP, which gives slightly better compression results than LZ4HC, but data is slower to decompress.
LZ4 A fast compression format that is useful for development builds. For more information, see BuildOptions.CompressWithLz4.
LZ4HC A high compression variant of LZ4 that is slower to build but produces better results for release builds. For more information, see BuildOptions.CompressWithLz4HC.

  • 2018–09–18 限られた 編集レビュー で修正されたページ

  • Xiaomi ビルドターゲットは 2017.2 で追加NewIn20172

  • Tizen サポートは2017.3 で打ち切りNewIn20173

  • Server Build option added for Standalone Player Build Settings in Unity 2018.3 NewIn20183

Presets
Project Settings