自己発光法線マップ鏡面
自己発光視差鏡面

自己発光視差拡散

注意: Unity 5 ではこのシェーダーは スタンダードシェーダー へと置き換わりました。

Self-Illuminated プロパティー

注意: Unity 5 ではこのシェーダーは スタンダードシェーダー へと置き換わりました。

このシェーダーはオブジェクトの明るい部分と暗い部分を定義することができます。二次的なテクスチャのアルファチャネルによりオブジェクトが、光で照らされていないときも、自ら“発光”する光を定義します。アルファチャネルにおいて、黒は光が 0 で、白は光が最大にオブジェクトから発光されてます。シーンにあるどのライトもシェーダーの照明にさらに照らされます。もしオブジェクト自身が光を発光しないとしても、シーンのライトにより照らされます。

<!– include shader-ParallaxSubsetImport –>

<!– include shader-DiffuseSubsetImport –>

パフォーマンス

一般に、このシェーダーのレンダリングコストは高いです。詳細については Unity シェーダーのパフォーマンス を参照してください。

自己発光法線マップ鏡面
自己発光視差鏡面