モバイル端末の入力
Transform

モバイルキーボード

ほとんどの場合、Unity は GUI 要素のキーボード入力を自動的にハンドリングしますがスクリプトからの要求によりキーボード表示するのも簡単です。

GUI 要素

ユーザーが編集可能な GUI 要素をタップしたときキーボードは自動表示されます。現在では GUI.TextFieldGUI.TextAreaGUI.PasswordField によりキーボードが表示されます。詳細については GUI クラス を参照してください。

手動でのキーボードハンドリング

TouchScreenKeyboard.Open() 関数を使用してキーボードを開きます。この関数が使用する引数については TouchScreenKeyboard スクリプティングリファレンスを参照してください。

キーボード種類のまとめ

キーボードは次の種類をサポートしています。

プロパティー: 説明:
TouchScreenKeyboardType.Default 文字列。数字と記号のキーボードに切り替えできます。
TouchScreenKeyboardType.ASCIICapable 文字列。数字と記号のキーボードに切り替えできます。
TouchScreenKeyboardType.NumbersAndPunctuation 数字と記号。文字列のキーボードに切り替えできます。
TouchScreenKeyboardType.URL スラッシュ記号と .com ボタンのついた文字列。数字と記号のキーボードに切り替えできます。
TouchScreenKeyboardType.NumberPad 0 から 9 までの数字のみ。
TouchScreenKeyboardType.PhonePad 電話番号を入力するためのキーボード。
TouchScreenKeyboardType.NamePhonePad 文字列。電話番号を入力するためのキーボードに切り替えできます。
TouchScreenKeyboardType.EmailAddress @ 記号のついた文字列。数字と記号のキーボードに切り替えできます。

テキストプレビュー

デフォルトでは、キーボードが表示された後に編集ボックスが作成されてキーボードの上に配置されます。ユーザーが入力しているテキストのプレビューとして動作し、ユーザーはテキストを常に見ることができます。しかし、TouchScreenKeyboard.hideInput を true にすることで、テキストプレビューを無効化できます。特定のキーボードの種類および入力モードでのみ動作することに注意ください。例えば、電話キーパッドや複数行テキスト入力では動作しません。そういったケースでは、編集ボックスは必ず表示されます。TouchScreenKeyboard.hideInput はグローバル変数ですべてのキーボードに影響します。

Visibility およびキーボードサイズ

TouchScreenKeyboard には 3 つのキーボードプロパティーにより、キーボードの Visibility ステータスおよび画面上のサイズを決定します。

プロパティー: 説明:
visible キーボードが完全に画面に完全に表示されていて、かつ文字列が入力できる場合に true を返します。
area キーボードの位置と寸法を返します。
active キーボードが有効化されている場合に true を返します。このプロパティーは static プロパティーでありません。キーボードのインスタンスがないとこのプロパティーを使用できません。

TouchScreenKeyboard.area は、キーボードが完全に画面で表示されるまで、位置およびサイズが 0 にセットされた rect を返すことに注意してください。TouchScreenKeyboard.Open の直後に値をクエリすべきではありません。キーボードイベントのステップは次のとおりです。

  • TouchScreenKeyboard.Open がコールされる。TouchScreenKeyboard.active が true を返す。TouchScreenKeyboard.visible が false を戻す。TouchScreenKeyboard.area が (0, 0, 0, 0) を戻す。
  • キーボードが画面上にスライドしながら表示される。すべてのプロパティーは同じままです。
  • キーボードの画面上でのスライドが止まる。TouchScreenKeyboard.active が true を戻す。TouchScreenKeyboard.visible が true を戻す。TouchScreenKeyboard.area がキーボードの実際の位置とサイズを戻す。

セキュリティのかかったテキスト入力

キーボード入力が行われるときに入力した文字を隠すことが可能です。これはユーザーがセンシティブ情報(パスワードなど)の入力を求められたときに便利です。キーボードをセキュリティのかかったテキスト入力を有効化して、手動でキーボードを開くためには、次のコードを使用します:

TouchScreenKeyboard.Open("", TouchScreenKeyboardType.Default, false, false, true);


テキスト入力の際にテキストを隠す
テキスト入力の際にテキストを隠す

アラートキーボード

キーボードで、通常の不透明な背景ではなく、部分的に透明で黒い背景としたい場合、次のように TouchScreenKeyboard.Open を呼び出します:

TouchScreenKeyboard.Open("", TouchScreenKeyboardType.Default, false, false, true, true);


アラートキーボード
アラートキーボード
モバイル端末の入力
Transform