ゲームオブジェクトの配置
ギズモメニュー

シーンビューコントロールバー

シーンビューコントロールバーはシーンを見るためのさまざまなオプションを選択でき、ライティングとオーディオを使用可能にする操作も可能です。これらの操作は開発中のシーンビュー内でのみ有効で、ビルドされたゲームには影響しません。

Draw mode menu

左端のドロップダウンメニューではシーンを描画するための 描画モード を選択します。使用できるオプションは次のとおりです。

Shading mode

  • Shaded : テクスチャ付きで描画します。
  • Wireframe : ワイヤーフレーム付きのメッシュを描画します。
  • Shaded Wireframe : テクスチャ付きのメッシュにワイヤーフレームを重ねて描画します。

Miscellaneous

  • Shadow Cascades : ディレクショナルライトの シャドウカスケード を表示します。
  • Render Paths : カラーコードを使用してそれぞれのオブジェクトの レンダリングパス を表示します。青は Deferred Shading レンダリングパス、緑は 古い Deferred Lighting レンダリングパス、黄色は Forward Rendering パス、そして赤は Vertex Lit レンダリングパス を示します。
  • Alpha Channel : カラーをアルファ値でレンダリングします。
  • Overdraw : オブジェクトを透明な「シルエット」としてレンダリングします。半透明なので、1 つのオブジェクトが他のオブジェクトの上から描画されている部分を簡単に見つけることができます。
  • Mipmaps : カラーコードを使用して理想的なテクスチャサイズを表します。赤は (現在の距離と解像度において) テクスチャが必要以上に大きいことを示します。青はテクスチャがさらに大きくてもよいことを示します。当然のことながら、理想のテクスチャサイズは実行されるゲームの解像度と、カメラが特定の表面にどのくらい近づくかによります。

Deferred

これらのモードでは、G バッファ (Albedo, Specular, Smoothness, Normal) の各要素を単独で表示できます。 詳細は、 デファードシェーディング のドキュメントを参照してください。

Global Illumination

ここでは、グローバルイルミネーション の可視化を支援する以下のモードが選択可能です(UV Charts, Systems, Albedo, Emissive, Irradiance, Directionality, Baked, Clustering, Lit Clustering)。詳細は、 GI ビジュアライゼーション のドキュメントを参照してください。

Material Validator

There are two Material Validator modes: Albedo and Metal Specular. These allow you to check whether your physically-based materials use values within the recommended ranges. See Physically Based Material Validator for more information.

2D、ライティング、オーディオのボタン

描画モード の右にシーンビューのあるオプションをオン/オフに切り替えるボタンがあります。

  • 2D : シーンの 2D ビューと 3D ビューの切り替えスイッチです。2D モードでのカメラは、前方が正の Z 軸、右方向が正の X 軸、上方向が正の Y 軸となります。
  • Lighting : シーンビューのライティング(ライト、オブジェクト、シェーディング等)のオンオフ切り替え。
  • Audio : シーンビューのオーディオエフェクトのオンオフ切り替え。

エフェクトボタンとメニュー

メニュー ( オーディオ ボタンの右の小さな山のアイコンの右) にシーンビューのレンダリングエフェクトを有効/無効にするオプションがあります。

  • Skybox : シーンの背景にスカイボックステクスチャが描画されます。
  • Fog : カメラからの距離によってビューがゆるやかに平坦な色へフェードしていきます。
  • Flares : ライトのレンズフレアです。
  • Animated Materials: Defines whether or not animated materials show the animation

エフェクト ボタン自体は、すべてのエフェクトを 1 度に有効/無効にするスイッチの働きをします。

ギズモメニュー

Gizmos メニューには、オブジェクト、アイコン、ギズモをどのように表示するかに関する多くのオプションがあります。 このメニューは、シーンビューと ゲームビュー の両方で使用できます。 詳細については、 Gizmos メニュー のドキュメントを参照してください。

検索ボックス

コントロールバーの右端の項目は、名前 (name) とタイプ (type) によってシーンビュー内の項目をフィルタリングできる検索ボックスです (検索ボックスの左側にある小さなメニューで names、type を選択できます)。検索フィルターに一致するアイテムは、デフォルトでシーンビューの左側に配置されている Hierarchy ビューにも表示されます。

ゲームオブジェクトの配置
ギズモメニュー