スクリプティングツール
ログファイル

コンソール ウィンドウ

The Console Window (menu: Window > General > Console) shows errors, warnings and other messages generated by Unity. To aid with debugging, you can also show your own messages in the Console using the Debug.Log, Debug.LogWarning and Debug.LogError functions.

コンソールウィンドウのツールバーには、メッセージを表示する方法に影響を及ぼす多数のオプションがあります。

Clear ボタンは、コードから生成されたすべてのメッセージを削除しますが、コンパイルエラーは、保持します。Clear On Play オプションを有効にすると、ゲームを実行するたびにコンソールを自動的にクリアすることができます。

また、メッセージがコンソールに示されて、更新される方法を変更することもできます。Collapse オプションは、繰り返されるエラーメッセージの最初のインスタンスのみを示します。これは、時々、各フレーム更新で同じように生成される null 参照のようなランタイムエラーに、非常に役立ちます。error Pause オプションは Debug.LogError がスクリプトから呼び出されたときに再生を一時停止させます(しかし、Debug.Log は、この方法では一時停止しないことに注意してください)。実行中の特定のポイントで playback を凍結し、シーンを調べたいとき、これは便利です。

最後に、エラーに関するさらなる情報を表示するために2つのオプションがあります。コンソールタブメニューの Open Player LogOpen Editor Log 項目は、コンソールに表示されない場合、詳細を記録する Unity のログファイルにアクセスします。詳細は、ログファイル についてのページを参照してください。

廃止された API の警告と自動更新

Unity はコンソール上で、コード内で廃止された API 呼び出しを使用してた場合に警告を示します。たとえば、Unity はかつて一般的なコンポーネントタイプにアクセスするために、MonoBehaviour と他のクラスの中で “shortcuts” を持っていました。たとえば、以下のようなコードを使用して、オブジェクトの リジッドボディ にアクセスできました。

    // "rigidbody"変数はクラスの一部で、ユーザースクリプトでは定義されません。
        Vector3 v = rigidbody.velocity;

これらのショートカットは推奨されなくなりましたので、現在、以下のようなコードを使用する必要があります。

    // コンポーネントにアクセスするには、GetComponent を使用します。
        Rigidbody rb = GetComponent();
        Vector3 v = rb.velocity;

廃止された API 呼び出しを検出すると、Unity はそれらについての警告メッセージを表します。このメッセージをダブルクリックすると、Unity は自動的に、非推奨の記述から推奨する記述にアップグレードしようとします。

行数の調整

ログのエントリーがリストに表示される行数を調整するには、感嘆符ボタンをクリックし、Log Entry に移動し、行数を選択します。

これにより、コンテキストの量とウインドウに収まるエントリー数を調整して、ウィンドウの粒度を設定できます。

スタックトレース

ログメッセージをコンソールウィンドウやログファイルに出力するときに、スタックトレースを正確にキャプチャする方法を指定することができます。

Log entry line count
Log entry line count

これは、エラーメッセージが明確ではなく、普段エンジン領域でエラーとして見えないスタックトレース部分を見なければいけないときにとても便利です。 スタックトレースをロギングするのに 3 つのオプションが存在します。

  • None - スタックトレースを出力しません
  • ScriptOnly - マネージドのスタックトレースのみを出力します
  • Full - ネイティブとマネージド両方のスタックトレースを出力します。注記: このオプションで取得できるスタックトレースは、とても高負荷であり、デバッグ目的のみで使用するべきです。

スクリプティング API を通してスタックトレースログも行えます。詳細は、スクリプトリファレンスの Application.stackTraceLogType を参照してください。


  • 2017–09–18 限られた 編集レビュー で修正されたページ

  • Tizen サポートは2017.3 で打ち切りNewIn20173

スクリプティングツール
ログファイル