Android 用のプラグインのビルドと使用
JAR プラグイン

AAR プラグインと Android ライブラリ

AAR プラグイン

Android Archive (AAR) プラグインは、コンパイル済みの Java およびネイティブ(C/C++)コード、リソース、 Android マニフェストを含んだバンドルです。 .aar ファイル自体は zip アーカイブで、これに全てのアセットが含まれます。詳細は Android 開発者向けドキュメンテーションの、 Android ライブラリの作成に関するページを参照してください。

AAR プラグインをプロジェクトに追加するには、 .aar ファイルを任意のプロジェクトフォルダーにコピーし、 Unity 上でそれを選択し、インスペクターウインドウで Import Settings (インポート設定)を開いてください。この .aar ファイルを Android と互換性を持つファイルとしてマーキングするために、 Android のチェックボックスをオンにしてください。

インスペクターウィンドウの、 ARR プラグインのインポート設定
インスペクターウィンドウの、 ARR プラグインのインポート設定

AAR は、推奨される Unity の Android アプリケーションのプラグイン形式です。

Android ライブラリプロジェクト

Android ライブラリプロジェクトは AAR プラグイン同様、ネイティブおよび Java コード、リソース、 Android マニフェストを含んでいます。ただし Android ライブラリは単一のアーカイブファイルではなく、特殊な構造を持つディレクトリに全てのアセットが含まれたものです。詳細は Android 開発者向けドキュメンテーションの、 Android ライブラリの作成に関するページを参照してください。

事前コンパイル済みの Android ライブラリプロジェクトを Assets/Plugins/Android フォルダーにインポートします。「事前コンパイル済み」ということは、 Unity へのインポートを行う前に、全ての .java ファイルが .jar ファイルにコンパイルされて該当 Android Studio プロジェクトの bin/ あるいは libs/ フォルダー内に置かれているということです。プロジェクトがビルドされる際、これらのフォルダーから AndroidManifest.xml が自動的にメインのマニフェストファイルに合併されます。

Unity は、 Assets/Plugins/Android の全てのサブフォルダーを、 Android ライブラリである可能性があるものとして扱い、これらのサブフォルダーからのアセットのインポートを無効化します。このサブフォルダーは、 AndroidManifest.xml ファイルを含んでいて project.properties ファイルに文字列 android.library=true が含まれている場合には、 Android ライブラリとして認識されます。

詳細は、Android 開発者向けドキュメンテーションの、ライブラリ モジュールに関するページ を参照してください。

追加の Android アセットとリソースの供給

Unity アプリケーションにアセットを加える必要がある場合は、変更しないで出力パッケージにコピーし、Assets/Plugins/Android/assets ディレクトリにインポートします。それらは APK の assets/ ディレクトリに表示され、Java コードの getAssets() Android API によってアクセスされます。



  • 2017–05–18 編集レビュー を行ってパブリッシュされたページ

  • 5.5 のアップデート機能

Android 用のプラグインのビルドと使用
JAR プラグイン