Version: 2021.3
Android プラグインのビルドと使用
JAR プラグイン

AAR プラグインと Android ライブラリ

Android ライブラリを使用して複数のアプリケーションでコンポーネントを再利用したり、同じコアコンポーネントで 1 つのアプリケーションのバリエーションをビルドしたりできます。Android ライブラリは、Android アプリケーションモジュールの依存関係として使用できる Android Archive (AAR) ファイルにコンパイルされます。

AAR プラグイン

Android Archive (AAR) plug-ins are bundles that include compiled Java and native (C/C++) code, resources, and a plug-in manifest file. The .aar file itself is a .zip archive which contains all of the Assets. For more details, see Android Developer documentation on creating an Android Library.

To add an AAR plug-in to your Project, copy the .aar file anywhere within the Unity project, then select it in Unity to open the Import Settings in the Inspector window. Enable the Android checkbox to mark this .aar file as compatible with Unity:

インスペクターウィンドウの、 ARR プラグインのインポート設定
インスペクターウィンドウの、 ARR プラグインのインポート設定

Android ライブラリプロジェクト

Android Library projects are similar to AAR plug-ins: they contain native and Java code, resources, and a plug-in manifest file. However, an Android Library is not a single archive file, but a directory with a special structure which contains all of the Assets. The easiest way to create an Android Library project is by creating a project of this type in Android Studio. For more details, see Android Developer documentation on creating an Android Library.

Unity が Android ライブラリプロジェクトをサポートするには、.androidlib 拡張子が必要です。この拡張子をライブラリのルートフォルダー名 (例えば、 mylibrary.androidlib) に加え、そのフォルダーを Unity プロジェクトの Assets フォルダーに配置します。Unity は自動的にすべての Android ライブラリを最終的な Gradle プロジェクトに加え、それらを一緒にビルドします。これは、複数のサブプロジェクトがある場合に Android Studio プロジェクトをビルドするのと同じ方法です。

詳細は、Android Studio のドキュメント ライブラリモジュール を参照してください。

付加的 Android アセットとリソースの提供

If you need to add Assets to your Unity app that should be copied as they are into the output package, you need to include the raw assets in the AAR or Android Library plug-ins. To access these assets, call the getAssets Android API from your Java code.


  • Unity 2019.3 用のコンテンツの変更と更新
Android プラグインのビルドと使用
JAR プラグイン