Halo(ハロー)
フレア

レンズフレア

Lens Flare は、カメラのレンズ内で屈折する光の効果をシミュレートします。明るい、あるいはぼんやりとした光を表現するのに、、シーンにちょっとした雰囲気を加えるために使用されます。

The easiest way to setup a Lens Flare is just to assign the Flare property of the Light. Unity contains a couple of pre-configured Flares in the Standard Assets package.

ない場合は、メニューバーから GameObject->Create Empty で空のゲームオブジェクトを作成し、Component->Effects->Lens Flare でレンズフレアコンポーネントをアタッチします。次に、インスペクターで Flare を選択します。

Scene View でレンズフレアの効果を確認するには、シーンビューツールバーで Effect ボタンをクリックして確認してください。

シーンビューツールバーでレンズフレアを表示するには、Fx ボタンを有効にします
シーンビューツールバーでレンズフレアを表示するには、Fx ボタンを有効にします

プロパティー

プロパティー 説明
Flare レンダリングする フレア。フレアは、レンズフレアの外観のすべての側面を定義します。
Color シーンのムードによりフィットするよう、一部のフレアに色を付けることができます。
Brightness レンズフレアの大きさと明るさ。
Fade Speed どのくらい素早くまたはゆっくりとフレアがフェードするスピード
Ignore Layers フレアを隠すべきではないレイヤーのマスクを選択します
Directional 設定すると、フレアがゲームオブジェクトの正の Z 軸に沿って方向付けられます。まるで無限の彼方にあるように表示され、オブジェクトの位置を追跡せず、Z 軸の方向のみ追跡します。

詳細

ライト コンポーネントのプロパティーとしてフレアを直接設定するか、レンズフレアコンポーネントとして個別に設定できます。光に追加すると、自動的にその光の位置と方向を追跡します。より正確に制御する場合に、このコンポーネントを使用します。

フレアを表示するには、カメラ は、フレアレイヤー コンポーネントを追加する必要があります(これはデフォルトで適用されるので、設定は必要ありません)。

ヒント

  • レンズフレアの使用に関しては注意してください。
  • 非常に明るいレンズフレアを使用する場合は、その方向がシーンの最初の光源にフィットするようにしてください。
  • 自身のフレアを設計するには、フレアアセットを作成する必要があります。まずスタンダードアセットの Lens Flares フォルダー内て提供されているフレアアセットの一部をコピーし、次にそれを修正します。
  • レンズフレアは、Collider にブロックされます。フレアのゲームオブジェクトとカメラ間のコライダーが Mesh Renderer を持たない場合でも、コライダーはフレアを非表示にします。間のコライダーが Trigger としてマークされている場合で、Physics.queriesHitTriggers のときのみフレアをブロックします。
Halo(ハロー)
フレア