低レベルネイティブプラグインインターフェース
アセットバンドルのビルド

アセットバンドル

アセットバンドル は選択したアセットを 1つにまとめて Unity からエクスポートできるファイルです。これらのファイルは専用の圧縮フォーマットを使用してアプリケーションからオンデマンドでロードできます。これによりモデル、テクスチャ、オーディオクリップ、または使用されているシーンから切り離したシーン全体などのコンテンツをストリーミングすることができます。

アセットバンドルはアプリケーションにコンテンツをダウンロードすることを簡易にするために設計されています。 アセットバンドルには Unity で認識できる任意のアセットの種類を、拡張子で判断させて、含むことができます。カスタムのバイナリデータを含めたい場合、“.bytes” 拡張子をつける必要があります。Unity はこれらのファイルをテキストアセットとしてインポートします。

アセットバンドルのワークフロー

開発者はアセットバンドルを準備してサーバーにアップロードします。

  1. アセットバンドルの作成 。アセットバンドルはエディター上で、シーンのアセットから作成することができます。アセットバンドルの構築プロセスの詳細は アセットバンドルのビルド を確認ください。

  2. アセットバンドルを外部ストレージにアップロードFTP クライアント を使用して、選択したサーバーにアセットバンドルをアップロードします。実行時に、アプリケーションはアセットバンドルをオンデマンドでロードし、必要に応じて各アセットバンドル内で個別のアセットを処理します。

  3. アプリケーション実行時にアセットバンドルをダウンロード 。これは Unity シーンの中のスクリプトから行われ、アセットバンドルはサーバーからオンデマンドでロードされます。詳細については アセットバンドルのダウンロード を参照してください。

  4. アセットバンドルからゲームオブジェクトをロード 。アセットバンドルがダウンロードされた後は、個別のアセットにアクセスしたい場合があります。詳細については アセットバンドルからのオブジェクトをロード、アンロード を参照してください。

アセットバンドルを使用するためのワークフローをより深く理解し、様々な性能を知り、作業の効率を高めるためには資料のこのセクションをお読みください。

参照: AssetBundles and Resources Best Practice

低レベルネイティブプラグインインターフェース
アセットバンドルのビルド