UI 要素をコンテンツサイズに合わせる
スクリプトから UI 要素を作成する

World Space UI の作成

UI システムは、シーン内の他の 2 次元または 3 次元オブジェクト間の世界に配置されている UI を簡単に作成することができます。

シーン内に 1 つも要素がない場合、ゲームオブジェクト > UI > Image を使用して、(画像など) UI 要素を作成することから始めます。これはまた、キャンバスを作成します。

World Space にキャンバスを設定

キャンバスを選択し、Render Mode を World Space に変更します。

今、Canvas はすでにワールドに配置されており、それがポインティングされているならば、すべてのカメラで見ることができます。しかし、それは Scene の他の対象と比較して、おそらく大きいでしょう。これについては後ほど説明します。

解像度の決定

最初に、 Canvas の適切な解像度を決める必要が有ります。画像として考えた場合、ピクセル解像度はいくつにするのが適切でしょうか? 800 × 600 あたりがよい出発点かもしれません。 Canvas の Rect トランスフォームの幅と高さの値に、解像度を入力します。同時にポジションを(0, 0)に設定すると良いかもしれません。

ワールドの Canvas のサイズを指定

ここで、ワールドでの canvas の大きさを検討します。スケールツールを使うと、ちょうど良い大きさになるまで、簡単にスケールダウンする事が出来ます。また、メートル法を使ってどのぐらいの大きさにするかを検討する事も出来ます。

あなたがそれをメートルで特定の幅を持ちたい場合、meter size/ canvas width を使って、必要とするスケールを計算することができます。たとえば、あなたが 2 メートル広くしたいとすると Canvas の幅が 800 ならば、2/800=0.0025 を持つことになります。その後、均一にスケールされることを確実にするために、Canvas の Rect トランスフォームのスケールプロパティー X、Y、Z に 0.0025 を設定します。

それを考えるもう一つの方法は、Canvas で 1 ピクセルのサイズを制御することです。Canvas が 0.0025 によってスケーリングされている場合は、それは Canvas の各々のピクセルの world のサイズでもあります。

Canvas の位置指定

Screen Space にセットされる Canvas とは異なり、World Space Canvas は、シーンの中で自由に置くことができ、回転することができます。いろんな壁、床、天井または傾斜する表面(または空中)に Canvas を置くこともできます。ツールバーで通常の Translate と Rotate ツールを使用してください。

UI の作成

Screen Space Canvas の場合と同じやり方で、 UI 要素とレイアウトを設定することが可能です。

UI 要素をコンテンツサイズに合わせる
スクリプトから UI 要素を作成する