Version: 2019.4
プログレッシブライトマッパー
Enlighten を使用したライトマップ (非推奨)

プログレッシブ GPU ライトマッパー (プレビュー版)

ノート: これはプレビュー機能であり、変更されることもあります。この機能を使用するシーンは、将来のリリースで更新が必要になる場合があります。この機能がプレビュー版である間は、本格的な制作に使用しないでください。

プログレッシブ GPU ライトマッパーは プログレッシブライトマッパー のバックエンドで、コンピューターの GPU とシステム VRAM を使用してベイクした ライトマップライトプローブ を生成します。

ハードウェアとソフトウェアの要件

プログレッシブ GPU ライトマッパーを使用するには、コンピューターに以下が必要です。

  • OpenCL 1.2 をサポートする少なくとも 1 つの GPU
  • 少なくとも 2GB の専用 GPU メモリ
  • SSE4.1 命令をサポートする CPU

コンピューターに複数の GPU がある場合、Unity はエディターが使用するのと同じ GPU を選択します。レンダリング用に 1 つのGPUを選択し、ライトベイク用にもう 1 つの GPU を選択することもできます。これを変更する方法については、このページの 使用する GPU の設定 セクションを参照してください。

ノート: ベイク処理に可能な GPU メモリを超えて使用すると、処理が CPU ライトマッパーにフォールバックする可能性があります。仮想メモリをサポートするグラフィックスドライバーの中には、代わりに CPU メモリにスワップするものがあるため、ベイク処理の速度が遅くなります。

使用する GPU の設定

1 つの GPU をシーンのレンダリングに、別の GPU をライティングのベイクに使用することができます。自動 GPU 割り当てがニーズに合わない場合は、ベイクに使用するグラフィックスカードを指定できます。

現在、エディターでどの GPU がベイクに使用されているかを確認する方法は以下の通りです。

  • プロジェクトで Lighting ウィンドウを開きます (Window > Rendering > Lighting Settings)。Bake Performance の横に GPU があります。

マシン上で使用可能な GPU を確認する方法は、以下の通りです。

  1. Lighting Settings ウィンドウで Progressive GPU (Preview) ライトマッパーを選択します。
  2. シーンでライトを生成します。
  3. ファイルエクスプローラーを開き、以下のパスに移動します。C:\Users\USER\AppData\Local\Unity\Editor. Open the file called Editor.log
  4. ファイルで Listing OpenCL platforms を検索します。これによって、OpenCL デバイスに関する情報のログ部分にジャンプします。ここでは、利用可能な GPU と対応するプラットフォームとデバイスのインデックスを見ることができます。

ベイクのために特定の GPU を選択するには、コマンドラインに以下のコマンドを入力します (platformdevice index を適切な数に置き換えます)。

Unity.exe "-OpenCL-PlatformAndDeviceIndices" <platform> <device index>

シーンで作業する間、割り当ての選択はニーズに応じて異なります。最も強い GPU をいずれかのアクティビティに割り当てると、他のアクティビティにパフォーマンスの影響が発生する可能性があります。問題が発生した場合は、GPU の再割り当てを試みてください。

プログレッシブライトマッパー
Enlighten を使用したライトマップ (非推奨)