Version: 2021.3
Edge Collider 2D
Composite Collider 2D

Capsule Collider 2D

Capsule Collider 2D は、2D 物理システムと相互作用するコライダーです。カプセルの形状は、頂点の角がなく、連続した円形の円周を持っています。この形状により、Capsule Collider 2D は他のコライダーの角に引っかかりにくくなっています。カプセル形状は空ではなく固体とみなされるため、Capsule Collider 2D の内側にある他の Collider 2D はコライダーに接触しているとみなされ、経時的にコライダーから強制的に追い出されます。

プロパティ 機能
Material Capsule Collider 2D の使用する物理マテリアルを設定します。この設定は、全てのリジッドボディ 2D やグローバル物理コライダーをオーバーライドします。
Is Trigger Capsule Collider 2D にイベントをトリガーさせたい場合はオンにしてください。このボックスをオンにすると、物理エンジンはこのコライダーを無視します。
Used by Effector 添付された エフェクターのどれかがこの Capsule Collider 2D を使用する場合はオンにしてください。
Offset Capsule Collider 2D ジオメトリのローカルのオフセットを設定します。
Size ボックスのサイズを指定できます。その Capsule Collider 2D によって占められる領域を定義します。
Direction Vertical または Horizontal に設定してください。カプセルの向く方向を設定するものです。具体的には、半円形の両端の向く方向を定義します。

Capsule Collider 2D を定義する設定は、SizeDirection です。Size と Direction の両プロパティは、Capsule Collider 2D のローカル空間の XY (それぞれ水平と垂直) を指しており、ワールド空間ではありません。

Capsule Collider 2D の設定方法として代表的なのは、SizeDirection に合わせる方法です。例えば、 Capsule Collider 2D の DirectionVertical であれば、 XSize は 0.5、 YSize は 1 です。これにより、この垂直方向のカプセルは、(太くなるのではなく) 背が高くなります。

下記の例で、黄色い線で表されているのが XY です。

Size が Direction と一致するように設定された Capsule Collider 2D の例
SizeDirection と一致するように設定された Capsule Collider 2D の例

カプセルの設定例

Capsule Collider 2D の形状は様々に調整できます。以下で、以下はその一部です。

Size プロパティの X ** と Y** が同じである場合は常に、 Capsule Collider 2D はほぼ円形になります。

Capsule Collider 2D の設定例
Capsule Collider 2D の設定例

ノート: 2D 物理システムの既知の問題として、ゲームオブジェクトが複数のコライダーを横切って移動すると、1 つまたは複数のコライダーがコライダー同士の衝突を登録することがあります。これは、コライダーが完全に整列している場合でも発生します。この衝突により、コライダーの速度が低下したり、停止したりする場合があります。

Capsule Collider 2D を使ってサーフェスを作成すると、この問題を軽減することができます。サーフェイスに複数のコライダーを使用するのではなく、1 つのコライダーを使用することをお勧めします。Edge Collider 2D はその例です。

Edge Collider 2D
Composite Collider 2D