Version: 2019.4
イベントタイプリファレンス
Bindings

ビルトインコントロール

UIElements には以下の標準コントロールが組み込まれています。

  • ボタン
  • コンテキストメニュー
  • エディターテキストフィールド
  • ラベル
  • スクロールビュー
  • テキストフィールド
  • トグルボタン

Contextual menus

Contextual menus show a set of choices or actions to the user, depending on the context. This context can refer to anything, is usually the current selection.

Enabling contextual menus

To enable contextual menus, attach the ContextualMenuManipulator manipulator to a visual element. This manipulator will display a contextual menu after either a right button mouse up event, or a menu key up event. The ContextualMenuManipulator manipulator also adds a callback that responds to a ContextualMenuPopulateEvent. The following code example shows how to do this:

void InstallManipulator(VisualElement element)
{
    ContextualMenuManipulator m = new ContextualMenuManipulator(MyDelegate);
    m.target = element;
}

void MyDelegate(ContextualMenuPopulateEvent event)
{
    // event.menu を変更
    event.menu.AppendAction("Properties", DisplayProperties, DropdownMenu.MenuAction.AlwaysEnabled);
}

void DisplayProperties(DropdownMenu.MenuAction menuItem)
{
    // ...
}

The callback given to the ContextualMenuManipulator constructor is invoked last so children elements can populate the menu.

Internally the manipulator sends a ContextualMenuPopulateEvent event that is propagated to the target element hierarchy, along the propagation path: from the root of the visual tree to the event target, then back up the visual tree to the root. Along the propagation path, the elements with a callback for the ContextualMenuPopulateEvent event can add, remove, or modify items in the contextual menu.

ユーザーの選択に応答する

要素が ContextualMenuPopulateEvent を受け取ると、DropdownMenu.InsertAction()DropdownMenu.AppendAction() のいずれかを呼び出すことによって、メニュー項目をコンテキストメニューに加えます。

Each of these functions take two callbacks as parameters. The first callback is executed when the user selects the item in the menu. The second callback is executed before displaying the menu and also checks whether the menu item is enabled.

それらのコールバックは両方とも MenuAction をパラメーターとして受け取ります。MenuAction はメニュー項目を表し、以下のような便利なプロパティーを持ちます。

  • MenuAction.userData には、AppendAction()InsertAction() によって使用された可能性のあるユーザーデータへの参照が含まれます。
  • MenuAction.eventInfo には、コンテキストメニューの表示をトリガーしたイベントに関する情報が含まれます。イベントへ応答するアクションの MenuAction.eventInfoを使用してください。例えば、マウスの位置を使用して、選択したコンテキストメニュー項目に基づいて、オブジェクトを作成し配置することができます。

  • 2018–11–02 Page amended
イベントタイプリファレンス
Bindings