Generating Lightmap UVs
ライトのトラブルシューティングとパフォーマンス

GI キャッシュ

GI キャッシュは、リアルタイム GI を事前計算して、静的ライトマップ、ライトプローブ、リフレクションプローブをベイクするときに、中間ファイルを保存するためにグローバルイルミネーション (GI) システムで使用されます。キャッシュはコンピューターのすべての Unity プロジェクトで共有されるので、同じコンテンツと同じバージョンのライティングシステム (Enlighten) を持つプロジェクトではファイルの共有が可能で、その後のビルド時間を短縮できます。

You can manage the size, location, and compression of the cache using the GI Cache preferences. For more information, see the Preferences documentation.

GI キャッシュとライティング

To ensure that the the lighting data loads from the GI cache in a very short amount of time when you reload your Scene, open the Lighting window (menu: Window > Lighting) and enable the Auto option next to the build button. This makes lightmap baking automatic, meaning that the lightmap data is stored in the GI cache.

In the Lighting window, you can clear the baked data in a Scene (disable the Auto option and choose Clear Baked Data from the Build button drop-down menu). This does not clear the GI Cache, because this would increase bake time afterwards.

You can share the GiCache folder among different machines. This can make your lighting build faster, because the files are downloaded from the GiCache folder instead of computed locally. Note that the build process isn’t optimized for slow network-attached storage (NAS), so test if your bake times are severely affected before moving the cache to NAS.

Generating Lightmap UVs
ライトのトラブルシューティングとパフォーマンス