アセットワークフロー
プリミティブとプレースホルダーオブジェクト

一般的なアセットのタイプ

画像ファイル

Unity は、BMP、TIF、TGA、JPG、PSD など、ほとんどの一般的な画像ファイル形式に対応しています。レイヤーを持つ Photoshop (.psd) ファイルを Assets フォルダーに保存すると、Unity はそれらをフラットな画像としてインポートします。Photoshop からアルファチャンネルで画像をインポートする方法画像をスプライトとしてインポートする方法 の詳細については、各ページを参照してください。

FBX とモデルファイル

Unity は FBX ファイル形式をサポートしているため、FBX をサポートする 3D モデリングソフトウェアからデータをインポートできます。また、Unity は SketchUp ファイルのインポートを元々サポートします。3D モデリングソフトウェアから FBX ファイルをエクスポートするときに最良の結果を得る方法については、FBX ファイルの最適化 を参照してください。

注意 最も一般的な 3D モデリングソフトウェアの 3D ファイルはネイティブ形式で保存することもできます (例えば、.max、.blend、.mb、.ma)。Unity が Assets フォルダー内でそれらを見つけると、3D モデリングソフトウェアの FBX エクスポートプラグインを呼び出してそれらをインポートします。ただし、それらは FBX としてエクスポートすることを推奨します。

メッシュとアニメーション

使用する 3D モデリングソフトウェアの種類に関係なく、Unity は各ファイルからメッシュとアニメーションをインポートします。Unity がサポートする 3D モデリングソフトウェアのリストについては、サポートされているモデルのファイル形式 を参照してください。

メッシュファイルにアニメーションをインポートする必要はありません。アニメーションを使用する場合は、すべてのアニメーションを 1 つのファイルからインポートしたり、それぞれに 1 つのアニメーションを含む複数のファイルをインポートすることができます。それぞれのアニメーションは 1 つのアニメーションで行います。アニメーションのインポートに関する詳細は、モデルのインポート を参照してください。

オーディオファイル

圧縮されていないオーディオファイルを Assets フォルダーに保存すると、指定した圧縮設定に従ってインポートされます。詳しくは オーディオファイルのインポート を参照してください。

他のアセットタイプ

どのような場合でも、Unity がインポートの元になるソースファイルを変更することは決してありません。Unity 内では、アセットを圧縮、変更、または処理する様々な方法を選択することができますが。インポートプロセスはソースファイルを読み取り、選択したインポート設定に合わせて、内部的にゲームに使用できるアセットの形態を作成します。アセットのインポート設定を変更したり、Asset フォルダー内のソースファイルを変更すると、Unity はアセットを再度インポートして変更を反映します。

注意 元の 3D 形式をインポートするには、3D モデリングソフトウェアを Unity がインストールされているコンピューターにインストールする必要があります。これは、Unity が 3D モデリングソフトウェアの FBX Exporter プラグインを使用してファイルを読み込むためです。また、アプリケーションから直接 FBX としてエクスポートし、Projects フォルダーに保存することもできます。

Standard Assets

Unity には複数の Standard Assets (スタンダードアセット) が同梱されています。これらはアセットの集合で Unity の多くのユーザーが広く使用しています。2D、Camera、Character、CrossPlatformInput、Effects、Environment、ParticleSystems、Prototyping、Utility、Vehicles が含まれます。

Unityは アセットパッケージ を使って スタンダートアセット をプロジェクトに出し入れします。

注意 Unity のインストール時にスタンダードアセットをインストールしないことを選択した場合は、Asset Store から ダウンロード することができます。


アセットワークフロー
プリミティブとプレースホルダーオブジェクト