エディター機能
Preferences

2D/3Dモード設定

新しいプロジェクトを作成するときに、Unityエディターを2Dモードで開始するか、3Dモードで開始するかを指定できます。ただし、エディターを2Dモードと3Dモードの間でいつでも切り替えることもできます。 2Dと3Dのプロジェクトの違いを参照してください。このページでは、モードを切り替える方法と、エディター内で正確に何を変更するかについて説明します。

3Dモードと2Dモードの切り替え

2D/3D モードを変更するには以下の手順で行います。

  1. Editor の設定を開きます(Edit> Project Settings、次に Editor を選択します)。
  2. 次に Default Behaviour Mode2D3D に設定します。
エディター設定のDefault Behavior Modeを使用してプロジェクトを2Dまたは3Dに設定
エディター設定のDefault Behavior Modeを使用してプロジェクトを2Dまたは3Dに設定

2Dと3Dモードの設定

2D/3D モードを選択することによって、Unity エディターのさまざまな設定が決まります。以下のとおりです。

2Dプロジェクトモード

  • インポートする画像は、2D 画像 ( スプライト) と想定され、Sprite モードに設定されます。

  • スプライトパッカー が有効になります。

  • シーンビュー は 2D に設定されます。

  • シーンにデフォルトで生成されるゲームオブジェクトで、ディレクショナルライトがありません。

  • カメラのデフォルトの位置は (0, 0, –10) です。(3Dモードでは (0,1,–10))

  • カメラは、平行投影になるように設定されます。(3D モードでは 透視投影)

  • Lighting ウィンドウ
    • 新しいシーンの Skybox は無効になっています。
    • Ambient SourceColor に設定されています (色は RGB 54, 58, 66)。
    • Precomputed Realtime GI は 無効にされています。
    • Baked GI は 無効にされています。
    • Auto-Building は無効にされています。

3Dプロジェクトモード

  • インポートする画像は 2D 画像 (スプライト) とは想定されません 。
  • Sprite Packer は無効になっています。
  • シーンビュー は 3D に設定されています。
  • シーンにデフォルトで生成されるゲームオブジェクトで、ディレクショナルライトがあります。
  • カメラのデフォルトの位置は (0, 1, –10) です。(2Dモードで (0, 0, –10) )
  • カメラは 透視投影 になるように設定されます。(2Dモードでは 平行投影)
  • Lighting ウィンドウ
    • Skybox はビルトインの Skybox Material が設定されています。
    • Ambient SourceSkybox に設定されされています。
    • Precomputed Realtime GI は有効にされています。
    • Baked GI は有効にされています。
    • Auto-Building は有効にされています。
エディター機能
Preferences