Version: 2021.3
Lightmapping using Enlighten Baked Global Illumination
Lightmap Parameters アセット

ライトマッピング - はじめに

シーンの準備とライトマップのベイク

Select Window > Rendering > Lighting from the Unity Editor menu to open the Lighting window. Make sure any Mesh you want to apply a lightmap to has proper UVs for lightmapping. The easiest way to do this is to open the Mesh import settings and enable the Generate Lightmap UVs setting.

次に、ライトマップの解像度を制御するために、Lightmapping Settings セクションに移動し、Lightmap Resolution の値を調整します。

To be included in your lightmap, Renderers must meet the following criteria:

  • Mesh Renderer または Terrain コンポーネントを持つ。
  • Contribute GI にチェックされている。
  • ビルトインの Unity マテリアル、スタンダードシェーダー、メタパス 付きのシェーダーを使用している。

You can adjust settings for Lights in the Light Explorer. To open the Light Explorer, go to Window > Rendering > Light Explorer.

シーンのライトマップを生成するには、以下の手順を行います。

  1. Open the Lighting window (menu: Window > Rendering > Lighting)

  2. At the bottom of the Scene tab on the Lighting window, select Generate Lighting (or ensure that Auto Generate is enabled).

  3. A progress bar appears in Unity Editor’s status bar, in the bottom-right corner.

When lightmapping is complete, Unity’s Scene and Game views update automatically and you can view the resulting lightmaps by going to the Baked Lightmaps tab in the Lighting Window.

ライティングを手動で生成すると、Unity は Lighting Data アセットベイクしたライトマップリフレクションプローブアセット フォルダーに加えます。


プログレッシブライトマッパーは 2018.1 で追加 NewIn20181

Lightmapping using Enlighten Baked Global Illumination
Lightmap Parameters アセット