スクリプタブル ブラシ
GridBrushEditorBase

GridBrushBase

追加のブラシは全て GridBrushBase から継承される必要があります。 GridBrushBase はペイント用の決まった API の一式を提供します。

public virtual void Paint(GridLayout grid, GameObject brushTarget, Vector3Int position)

Paint は、指定の位置を GridLayout型の grid 引数 で、ターゲットは GameObject 型のbrushTarget` 引数にデータを渡します。これは、ブラシがグリッド上でアクティベートされ、 Palette ウィンドウ上で ペイントツール が選択されている場合にトリガーされます。これをオーバーライドしてペイント時の希望のアクションを実装できます。

public virtual void Erase(GridLayout grid, GameObject brushTarget, Vector3Int position)

Erase は、指定の位置を GridLayout型の grid 引数 で、ターゲットは GameObject 型のbrushTarget` 引数にデータを削除します。これは、グリッド上でブラシがアクティベートされ、 Palette ウィンドウ上で 消しゴムツール が選択されている場合にトリガーされます。消しゴム用に希望のアクションを実装する場合はこれをオーバーライドしてください。

public virtual void BoxFill(GridLayout grid, GameObject brushTarget, BoundsInt position)

BoxFill は、指定のバウンドを GridLayout型の grid 引数 で、ターゲットは GameObject 型のbrushTarget` 引数にデータを渡します。これは、グリッド上でブラシがアクティベートされ、 Palette ウィンドウ上で 塗りつぶし( Box Fill )ツール が選択されている場合にトリガーされます。塗りつぶし用の希望のアクションを実装する場合は、これをオーバーライドしてください。

public virtual void FloodFill(GridLayout grid, GameObject brushTarget, Vector3Int position)

FloodFill は、 GridLayout型の grid 引数 で、ターゲットは GameObject 型のbrushTarget` 引数にデータを渡します。指定位置から開始し、その位置に繋がる領域の全てが塗りつぶされます。これは、グリッド上でブラシがアクティベートされ、 Palette ウィンドウ上で 塗りつぶし( Flood Fill )ツール が選択されている時にトリガーされます。塗りつぶし用の希望のアクションを実装したい場合は、これをオーバーライドしてください。

public virtual void Rotate(RotationDirection direction)

Rotate は、ブラシのコンテンツを、現在設定されている旋回軸を中心に指定の方向に回転させます。

public virtual void Flip(FlipAxis flip)

Flip ブラシのコンテンツを、現在設定されている旋回軸を中心に指定の軸にフリップさせます。

public virtual void Select(GridLayout grid, GameObject brushTarget, BoundsInt position)

Select は、指定のバウンドから GridLayout型の grid 引数 で、ターゲットは GameObject 型のbrushTarget` 引数の、境界を示します。これにより、選択範囲に対応した情報の表示と 移動ツール による選択の切り替えが可能になります。これは、グリッド上でブラシが選択され、 Palette ウィンドウ上で選択ツールが選択されている場合にトリガーされます。ターゲット選択時の希望のアクションを実装したい場合には、これをオーバーライドしてください。

public virtual void Pick(GridLayout grid, GameObject brushTarget, BoundsInt position, Vector3Int pivot)

Pick は、指定のバウンド・指定の位置の旋回軸から GridLayout型の grid 引数 で、ターゲットは GameObject 型のbrushTarget` 引数からデータを引き出し、ブラシにそのデータを設定します。これは、ブラシがグリッド上でアクティベートされ、 Palette ウィンドウで ピッカーツール が選択されている場合にトリガーされます。ターゲットからピックする時の希望のアクションを実装したい場合には、これをオーバーライドしてください。

public virtual void Move(GridLayout grid, GameObject brushTarget, BoundsInt from, BoundsInt to)

Move は、指定の開始位置から指定の終了位置まで、 GridLayout型の grid 引数 で、ターゲットは GameObject 型のbrushTarget引数からの動きを示します。ターゲットを動かす時の希望のアクションを実装する場合には、これをオーバーライドしてください。これは、ブラシがグリッド上でアクティベートされ、 Palette ウィンドウ上で __移動ツール__ が選択されて移動が実行された(MouseDrag)時にトリガーされます。基本的に、ブラシによる移動` の操作が行われている間の挙動は全てこれに当たります。

public virtual void MoveStart(GridLayout grid, GameObject brushTarget, BoundsInt position)

MoveStart は、指定のバウンドから、 GridLayout型の grid 引数 で、ターゲットは GameObject 型のbrushTarget引数からの、動きの開始を示します。これは、グリッド上でブラシがアクティベートされ、 Palette ウィンドウ上で __移動ツール__ が選択されていて移動が初めてトリガーされた(MouseDown` )時にトリガーされます。ターゲットからの移動の開始時に希望のアクションを実装したい場合には、これをオーバーライドしてください。基本的にこれは、指定の開始位置のターゲットからのデータのピッキング(選択)です。

public virtual void MoveEnd(GridLayout grid, GameObject brushTarget, BoundsInt position)

MoveEnd は、指定のバウンドから、 GridLayout型の grid 引数 で、ターゲットは GameObject 型のbrushTarget引数からの、動きの完了を示します。これは、ブラシがグリッド上でアクティベートされ、 Palette ウィンドウ上で __移動ツール__ が選択され、移動が完了した(MouseUp` )時にトリガーされます。ターゲットからの移動の終了時に希望のアクションを実装したい場合には、これをオーバーライドしてください。基本的にこれは、指定の終了位置までの、ターゲットへのデータのペイントです。


スクリプタブル ブラシ
GridBrushEditorBase