パーティクルシステムリファレンス
パーティクルシステムモジュール

パーティクルシステム( Shuriken )

Particle System (パーティクルシステム)コンポーネントはシーン内で大量の小さな 2D の画像によって生みだされ、動きを付けられる水、雲、炎などの流体をシミュレーションします。パーティクルシステムや、それらの使用への導入に関しては パーティクルシステムを参照してください。

プロパティー

パーティクルシステムのコンポ―ネントには、数多くのプロパティーがあるため、インスペクター上では利便性を上げるために、それらを「モジュール」と呼ばれる折りたたみ式のセクションに分け、整理しています。各モジュールについては、別途 パーティクルシステムモジュール のページにまとめてあります。各モジュールは、それぞれの名称を表示しているバーをクリックすることで、開いたり、たたんだりすることが可能です。バーの左側には、そのセクションで設定した機能の有効/無効を切り替えるチェックボックスが有ります。例えば、パーティクルの大きさを時間経過によって変えたくない場合には Size over lifetime セクションのチェックを外すだけでよいのです。

モジュールバーについてはこのぐらいですが、インスペクターには他にも少し設定が有ります。 Open Editor ボタンを押すと、複数のパーティクルを一度に編集することができる、分割されたエディターウィンドウを表示します。 Resimulate チェックボックスは、すでに生成されているパーティクルのプロパティーに対する変更を、即座に反映させるかどうかを決定します(チェックを付けていない場合は、現存するパーティクルはそのままになり、新しいパーティクルのみプロパティーが変化します)。 Wireframe ボタンは、シーン内でパーティクルの表示に使われているメッシュオブジェクトの輪郭を表示します。

パーティクルシステムリファレンス
パーティクルシステムモジュール