iOS 64ビットへのアップグレード
iOS のスクリプト

Unity Remote

Unity Remote is a downloadable app designed to help with Android, iOS and tvOS development. The app connects with Unity while you are running your project in Play Mode from the Unity Editor. The visual output from the Editor is sent to the device’s screen, and the live inputs are sent back to the running project in Unity. This allows you to get a good impression of how your game really looks and handles on the target device, without the hassle of a full build for each test.

Note: For Unity Remote to work, you need to have the Android SDK on your development machine.

Unity Remote は以前のバージョンとの互換性はなく、完全に別物となっています。旧バージョンの Remote は現在はサポートされていません。

旧バージョンの Unity Remote は古いプロジェクトではまだ、使用可能です。旧バージョンに関する詳しい情報は 旧 Unity Remote のドキュメントを参照してください。

デバイスとフィーチャーサポート

Unity Remote は現在 (Windows や OSX と USB で繋がっている) Android デバイスと iOS デバイス (OS X と iTUnes がインストールされた Windows と USB を通して繋がっている iPhone、iPad、iPod touch、Apple TV) をサポートしています。

The Game View of the running Unity project is duplicated on the device screen, but at a reduced framerate. The following input data from the device is also streamed back to the Editor:

  • タッチとスタイラスによる入力
  • 加速度計
  • ジャイロスコープ
  • デバイスのカメラストリーム
  • コンパス
  • GPS
  • ジョイスティックの名前と入力

Note that the Remote app simply shows the visual output on the device and takes input from it. The game’s actual processing is still done by the Editor on the desktop machine - so its performance is not a perfect reflection of the built app.

Unity Remote の入手と使用

You can download Unity Remote for free in the form of a Unity project that you build yourself, or as a pre-built app from the device’s app store:

  • Unity Project (カスタムビルドが必要) Asset Store からダウンロード
  • Android アプリ Google Play からダウンロード
  • iOS と tvOS アプリ App Store からダウンロード

アプリのダウンロードが終了したらインストールしてください。その後デバイスで実行し、USB ケーブルを使用したデバイスとコンピューターの接続も行ってください。

Unity と自身のデバイスを協調動作させるために、Unity の Editor 設定 (メニュー: Edit > Project Settings > Editor ) を開き、Unity Remote セクションから使用するデバイスを選択してください。

Note: To specify the location of your Android SDK, go to Unity > Preferences > External Tools.

Click the Play button in the Editor to see your game appear on the device and in the Unity game window as Unity connects to the Remote app. While the game plays, input from the device (accelerometer, etc) is sent to your scripts as if they were running on the device itself.

トラブルシューティング

複数のデバイスを接続しているのにその中の 1 つだけしか Unity と動作しません

Unity Remote は Android の複数接続をサポートしていません。これを解決するために、最初に検出されたデバイスが自動的に選出されます。ただし、複数の iOS/tvOS デバイスと 1 台の Android デバイスを同時に接続する場合は、Editor Settings (メニュー: Edit > Project Settings > Editor) からどちらかを使用するか選ぶことができます。

Unity Remote でゲームを実行するとグラフィックのクオリティがかなり下がりました

When you use Unity Remote the game actually runs in the Editor, while its visual content is streamed to the target device. Since the bandwidth between the Editor and the device is limited, the stream must be compressed heavily for transmission. This compression inevitably reduces the image quality.

Editor settings の Unity Remote セクション (メニュー: Edit > Project Settings > Editor ) では JPEG と PNG のどちらにするかで圧縮方式を切り替え、スクリーンイメージ解像度のサイズ削減も選択的に行うことができます。PNG 圧縮は“ロスレス”です (すなわち、画像クオリティが低下しません) が、帯域幅を JPEG よりも使用します。サイズを抑えた画像は解像度がフルのものよりも必要な帯域幅が少なくなります。これらの設定を変更することで、画像の精度と必要なフレームレートとの釣り合いを取ることができます。

Unity Remote は、ゲームをデバイスで実行するときにどのように見え、操作できるかおおよその感じを簡単にチェックすることを目的としています。必ず、ときどきは完全なビルドを作成して「本物の」アプリケーションをテストするようにしてください。


iOS 64ビットへのアップグレード
iOS のスクリプト