上級者向け Unity モバイルスクリプティング
AAR プラグインと Android ライブラリ

Android 用のプラグインのビルドと使用

Unity 外部で C# スクリプトから作成した Java や C++ コードを呼び出すためには、Android 用に開発されたプラグインを使用します。そうすることによって、プラグインなしには Unity で使用できない OS システムコールのような機能や、サードパーティーのコードにアクセスが可能になります。プラグインの使用に関して、詳しくはプラグインのドキュメントを参照してください。

以下のページでは Android プロジェクトに使用するための独自のプラグインを作成する過程について説明しています。これらのページの情報は、読者が Unity でのネイティブのプラグインの使用法を理解しているという仮定に基づいています。ネイティブプラグインとその使用方法に関する詳しい情報は、 ネイティブプラグイン を参照してください。

Unity はいくつかの種類の Android プラグインをサポートしています。


  • 2017–05–18 編集レビュー を行ってパブリッシュされたページ

  • 5.5 のアップデート機能

上級者向け Unity モバイルスクリプティング
AAR プラグインと Android ライブラリ