Version: 2019.4
影の設定
シャドウカスケード

シャドウディスタンス

Shadow Distance (シャドウディスタンス) プロパティーを使用して、Unity がリアルタイムの影 (シャドウ) をレンダリングするカメラからの距離制限を決定します。

ゲームオブジェクトからの影は、ゲームオブジェクトがカメラから離れるほど目立たなくなります。これは、 画面では影が小さく見えるためと、遠くにあるゲームオブジェクトは通常は注目されないためです。遠くのゲームオブジェクトのリアルタイムシャドウレンダリングを無効にすることで、この効果を活用できます。これにより、無駄なレンダリング操作が減り、ランタイムのパフォーマンスが向上します。さらに、シーンは遠くの影がない方が、見栄えが良い場合が多くあります。

現在のカメラのファークリップ面がシャドウディスタンスよりも近い場合、Unity はシャドウディスタンスではなくカメラのファークリップ面を使用します。

シャドウディスタンスを超えて欠落している影を隠すには、フォグなどの視覚効果を使用します。

シャドウディスタンスの設定

ビルトインレンダリングパイプラインでは、プロジェクトの Quality Settings のShadow Distance プロパティーを設定します。

ユニバーサルレンダーパイプライン (URP) では、ユニバーサルレンダーパイプラインアセット の Shadow Distance プロパティーを設定します。

HD レンダーパイプライン (HDRP) では、各 Volume の Shadow Distance プロパティーを設定します。

シャドウディスタンスとシャドウマスクライティングモード

シーンで Shadowmask ライティングモード を使用している場合、Unity は ライトプローブ かシャドウマスクテクスチャのいずれかを使用して、混合ライト からシャドウディスタンスを超えた距離に影を描きます。シャドウディスタンスを超える場合に Unity がどのように影を描画するかは設定可能です。

影の設定
シャドウカスケード