Trail Renderer (トレイルレンダラー)
イメージエフェクト

プロジェクター

Projector により、Material を錐台と交錯するすべてのオブジェクトに投影できます。このマテリアルは、投影効果を正しく機能させるための特殊なタイプのシェーダーです。提供されている Projector/Light と Projector/Multiply シェーダーの使用法の例については、Unity のスタンダードアセットのプロジェクタープレハブを参照してください。

プロパティー

プロパティー: 説明:
Near Clip Plane クリップ近面前のオブジェクトは投影されません。
Far Clip Plane この距離を超えたオブジェクトは影響を受けません。
Field Of View ビューのフィールド(単位: °)。これは、プロジェクターが Orthographic でない場合にのみ使用されます。
Aspect Ratio ビューのフィールド(単位: °)。これは、プロジェクターが Orthographic でない場合にのみ使用されます。
Is Ortho Graphic 有効にすると、景色の代わりに、Orthographic になります。
Ortho Graphic Size 有効にすると、景色の代わりに、Orthographic になります。
Material オブジェクトに投影されるマテリアル。
Ignore Layers Ignore Layers Ignore Layers の 1 つにあるオブジェクトは影響を受けません。デフォルトでは、Ignore Layers はないため、プロジェクターの錐体と交差するすべてのジオメトリは影響を受けません。

詳細

プロジェクターでは以下の操作が可能です。

  1. 影の作成。
  2. Render Texture を使用して、世界の別の部分を撮影する別の カメラ のある三脚に現実の世界のプロジェクターの作成。
  3. 弾痕の作成。
  4. 独創的な照明効果。
プロジェクターは、このロボットに Blob Shadow を作成するのに使用されます
プロジェクターは、このロボットに Blob Shadow を作成するのに使用されます

簡単な影効果を作成したい場合は、StandardAssets->Blob-Shadow->Blob shadow projector Prefab をシーンにドラッグするだけです。マテリアルを修正して、異なる Blob Shadow テクスチャを作成できます。

注意: プロジェクターを作成する際は必ず、プロジェクターのテクスチャのマテリアルのラップモードを clamp に設定してください。そうでない場合、プロジェクターのテクスチャは繰り返し表示され、キャラクターで必要な影の効果が得られません。

ヒント

  • プロジェクターの Blob shadow は、環境に適切に影を投影するのに使用すれば、印象的なスプリンターセルのような照明効果を作成できます。
  • Falloff テクスチャをプロジェクターのマテリアルで使用しない場合、前後両方に投影し、二重投影 が生じる場合があります。これを修正するには、左側のピクセル列が黒の、アルファのみの Falloff テクスチャを使用します。
Trail Renderer (トレイルレンダラー)
イメージエフェクト