Version: 2021.3
ライトマップとLOD
ライトマップ - 技術的な情報

アンビエントオクルージョン

アンビエントオクルージョン (Ambient occlusion、AO) は、折り目、穴、互いに近接する表面に発生するソフトシャドウを疑似する機能です。これらのエリアはアンビエントライト (環境光) を遮るため、暗く見えます。

サーフェス上の点に当たるアンビエントライトの量を近似することで機能します。次に、互いに近接する折り目、穴、表面を暗くします。

アンビエントオクルージョンを使用して、ライティングにリアルさを加えることができます。

ベイクしたアンビエントオクルージョン

シーンで Baked Global Illumination (ベイクしたグローバルイルミネーション) が有効になっている場合、Unity はアンビエントオクルージョンをライトマップにベイクできます。これは ベイクしたアンビエントオクルージョン と呼ばれます。

シーンでベイクしたアンビエントオクルージョンを有効にするには、以下を行います。

  1. Lighting ウィンドウを開きます (Window > General > Lighting Settings)。
  2. Mixed Lighting セクションに移動します。
  3. Baked Global Illumination を有効にします。
  4. Lightmapping Settings セクションに移動します。
  5. Ambient Occlusion を有効にします。

リアルタイムのアンビエントオクルージョン

If Global Illumination is not enabled in your Scene but you still want the effect of ambient occlusion, you can use a post-processing effect to apply real-time ambient occlusion to your Scene.

If Enlighten Realtime Global Illumination is enabled in your Scene, the resolution for indirect lighting does not capture fine details or dynamic objects. We recommend using a real-time ambient occlusion post-processing effect, which has much more detail and results in higher quality lighting.

For information on real-time ambient occlusion post-processing effects, see post-processing effects.

その他の参考資料

AO について詳しくは Wikipedia: Ambient Occlusion を参照してください。

ライトマップとLOD
ライトマップ - 技術的な情報