オーディオの概要
トラッカーモジュール

オーディオファイル

メッシュやテクスチャと同様に、オーディオ アセットのワークフローはスムーズでトラブルがないようにデザインされています。Unity は、一般的なファイル形式をほとんどインポートできますが、複数の音声ファイルを扱う作業をする際に知っておくと役立つことがあります。

Unity 5.0 からは、オーディオデータは AudioClip から切り離されました。AudioClip は、単にオーディオデータを参照しているだけになり、AudioClip のインポーターに、ランタイムでどの様にクリップをロードするかを決める、さまざまなオプション設定がつきました。これは、プレイヤーの進行に合わせて、即応的・あるいは段階的にオーディオアセット(会話、BGM、環境音など)をロードする一方で、どのアセットをメモリに常駐しておくのがよいか(なぜなら、例えば足音や武器の衝撃音などは、どの程度頻繁に、どんな速さで再生されるか、予測が困難だからです)を決めるのに、非常に高い柔軟性ができる事を意味します。

Unity でオーディオをエンコードするとき、主要なオプションを Disk上に保存するには、PCM, ADPCM または Compressed のいずれかの方法で保存します。さらに、少数のプラットフォームの特定フォーマットがありますが似たような方法で動作します。Unity は、インポートするオーディオデータ(下記のリスト参照)のもっとも一般的なフォーマットをサポートしておりプロジェクトにオーディオデータを加えるときにオーディオファイルをインポートします。デフォルトのモードは、 Compressed の圧縮モードで、スタンドアロンやモバイルプラットフォーム用の Vorbis/MP3、または PS Vita / XBox One 用 HEVAG/XMA のいずれかを使いオーディオデータを圧縮します。

圧縮フォーマットおよびエンコードされたオーディオデータに利用可能なその他オプションに関する詳しい説明は、AudioClip を参照してください。

Unity にインポートされたオーディオファイルは Audio Clip としてスクリプトから取得します。例えば、エンコードされたオーディオデータにアクセスするためのオーディオシステムのゲーム実行時のための方法を提供します。ゲームは、実際のオーディオデータをロードする前に、オーディオクリップ(AudioClip)を経由してオーディオデータのメタ情報にアクセス可能です。これは、エンコードされたオーディオデータからサンプルレート、長さ、チャンネルカウント等各種情報を抽出し、AudioClip に情報が格納されるインポートプロセスだからです。例えば、Music Engine は、実際にデータをロードする前に音楽の再生時間の長さの情報が使用できるので、オートマティックダイアログやシーケンスシステムを作成するとき便利です。また、一度に必要なメモリ内のオーディオクリップのデータを維持することによってのみメモリ使用量を減らすことができます。

サポートする形式

形式 拡張子
MPEG layer 3 .mp3
Ogg Vorbis .ogg
WAV .wav
AIFF .aiff / .aif
Ultimate Soundtracker モジュール .mod
Impulse Tracker モジュール .it
Scream Tracker モジュール .s3m
FastTracker 2 モジュール .xm

Unityでサウンドを使用する方法の詳細については、オーディオの概要を参照してください。

オーディオの概要
トラッカーモジュール