反射法線マップ頂点ライティング
Video Player component

ビデオの概要

Unity のビデオシステムを使用して、ビデオをゲームに融合させることができます。ビデオ映像は、リアリズムを加えたり、レンダリングの複雑さを軽減したり、外部の利用可能なコンテンツを融合するのに役立ちます。

Unity でビデオを使用するには、ビデオクリップ をインポートし、 Video Player コンポーネント を使用して設定を行います。 Unity では、 Texture パラメーターを持っていれば、どのコンポーネントにでもビデオ映像を直接フィードできます。その後、実行時にそのテクスチャーのビデオは再生されます。

球状のゲームオブジェクトにアタッチされた Video Player コンポーネント(右半分は Inspector ウィンドウ内の表示、Video Clip が割り当てられている)
球状のゲームオブジェクトにアタッチされた Video Player コンポーネント(右半分は Inspector ウィンドウ内の表示、Video Clip が割り当てられている)

Unity のビデオ機能には、ハードウェアを加速し、ソフトウェアのデコードを行う ビデオファイル透明度のサポート、複数のオーディオトラック、ネットワークストリーミングなどが備わっています。

Unity 5.6 で導入された Video Player コンポーネントとビデオクリップアセットは、以前の ムービーテクスチャ 機能に代わるものです。


  • 2017–05–18 編集レビュー を行ってパブリッシュされたページ

  • PS4 のための Video Player サポートは 2017.1 で追加NewIn20171

  • 5.6 の新機能

反射法線マップ頂点ライティング
Video Player component