Version: 2019.4
グリッドスナップ
シーンでの表示/非表示

カスタムエディターツールの使用

シーンビュー から、 Tool モード API で作成したカスタムツールに以下の方法でアクセスできます。

カスタムエディターツールは、シーンビューのツールバーのメニュー (A) と、オン/オフを切り替えることができるパネル (B) からアクセスできます
カスタムエディターツールは、シーンビューのツールバーのメニュー (A) と、オン/オフを切り替えることができるパネル (B) からアクセスできます

グローバルツールとコンテキスト依存ツール

一部のカスタムツールはグローバルで 、その他のツールはコンテキスト依存です。

  • グローバルツールはどんなタイプのゲームオブジェクトにも影響し、どのタイプのゲームオブジェクトを選択しても常に使用可能です。例えば、 トランスフォームツールはどのゲームオブジェクトにも使用できるため、いつでもアクセスできます。

  • コンテキスト依存カスタムツールは特定のタイプのゲームオブジェクトにのみ影響し、そのタイプのゲームオブジェクトを選択した場合にのみ使用できます。例えば、ライト用のカスタムマニピュレーターは、ライトを選択した場合にのみアクセス可能です。

シーンビューのツールバーからカスタムエディターツールをアクティブにする

カスタムエディターツールをアクティブにするには、シーンビューツールバーの 使用可能なカスタムエディターツール ボタンを右クリックします。

以下のセクションに分かれたメニューが開きます。

  • A. Recent: 最近使用したグローバルツールを表示します。
    このセクションは、現在のセッションで初めてグローバルツールをアクティブにするまで表示されません。

  • B. Selection: 現在の選択内の 1 つ以上のゲームオブジェクトに影響するすべてのコンテキスト依存ツールをリストします。
    選択されたものに影響するカスタムツールがない場合は、このセクションは表示されません。

  • C. Available: 使用可能なすべてのグローバルツールをリストします。
    プロジェクトにカスタムツールが含まれている限り、このセクションは常に表示されます。

プロジェクトにカスタムツールが含まれていない場合は、 メニューに “No custom tools available” (利用可能なカスタムツールがありません) というメッセージが表示されます。

メニューからツールを選択すると、使用可能なカスタムエディターツール ボタンが選択したツールのアイコンに変わります。

メニューから Custom Transform Tool を選択すると、シーンビューのツールバーにアイコンが表示されます
メニューから Custom Transform Tool を選択すると、シーンビューのツールバーにアイコンが表示されます

コンポーネントエディターのツールパネルからコンテキスト依存ツールをアクティブにする

コンポーネントエディターの ツール パネルを切り替えると、メインのシーンビューウィンドウにあるツールバーからカスタムエディターツールにアクセスできます。

上の例のコンポーネントエディターの ツール パネルには、選択したライト、カプセル、またはその両方に影響を与えるカスタムツールのボタンが含まれています。グローバルツールのボタンは含まれていません。
上の例のコンポーネントエディターの ツール パネルには、選択したライト、カプセル、またはその両方に影響を与えるカスタムツールのボタンが含まれています。グローバルツールのボタンは含まれていません。

パネルには、選択した 1 つ以上のゲームオブジェクトに影響するすべてのコンテキスト依存カスタムツールのボタンがあります。選択が変更されるたびに自動的に更新されます。

  • ボタンをクリックするとツールが起動します。

  • もう一度ボタンをクリックすると、現在のツールと最後にアクティブだったツールが切り替わります。

プロジェクトがカスタムツールを 1 つも使用しない場合、パネルは空になります。


  • 利用可能なカスタムエディターツールボタンとコンポーネント エディターツールパネルは 2019.1 で追加NewIn20191
グリッドスナップ
シーンでの表示/非表示