コンピュートシェーダー
GPU インスタンシング

グラフィックスコマンドバッファ

これは、いわゆる “command buffers” で、Unity の Unity のレンダリングパイプライン を拡張することができます。 コマンドバッファがレンダリングコマンド(“set render target, draw mesh, …”)のリストを保持し、 カメラがレンダリング中にさまざまなポイントで実行するように設定することができます。

例えば、すべての通常のオブジェクトが完了した後、Deferred Shading レンダリングパス G バッファに追加するいくつかのオブジェクトをレンダリングできます。

カメラがどのように Unity においてシーンを生成するかという高水準での概要を以下に示します。 緑のドットで示された各ポイントでコマンドを実行するために、コマンドバッファを追加することができます。

詳細は、CommandBuffer scripting classCameraEvent enum を参照してください。

コマンドバッファはイメージエフェクトの代わりとしてもいいですし、イメージエフェクトと一緒に使用することができます。

コード例

コマンドバッファで可能なテクニックのいくつかをデモンストレーションするサンプルプロジェクト RenderingCommandBuffers.zip.

Blurry Refractions

このシーンは “blurry refraction” テクニックを示しています。

opaque オブジェクトとスカイボックスがレンダリングされた後、現在のイメージはテンポラリ レンダーターゲットにコピーされ、ぼかしを行い、グローバルシェーダープロパティーを設定します。 屈折をシミュレーションするために、法線マップに基づき、UV 座標をオフセットして、 glass オブジェクトのシェイダーは、そのぼやけるイメージをシミュレートしてみます。

もっとカスタムなこと(この場合、ぼかし)ができる以外は、ShaderLab: GrabPass が行うことに似ています。

Deferred Shading でのカスタムエリアライト

このシーンは、“custom deferred lights” の実装を示しています: sphere-shaped lights と tube-shaped lights

定期に deferred shading light が行われた後、 照明を計算して、それをライティングバッファに加えるシェーダーで、 球はカスタム光ごとに描かれています。

Deferred Shading でのデカール

このシーンは “deferred decals”の基本的な実装を示しています。

考え方は次のとおりです: G-buffer が行われた後、デカール(ボックス)の各 “shape” を描き、 G-buffer の内容を変更します。これはライティングを積み重ねる代わりに G-buffer のテクスチャを変更すること以外、ライティングが deferred shading で行う方法と非常によく似ています。

各デカールは、ここでボックスとして実装され、箱の容積内の任意の形状に影響を 受けます。

コンピュートシェーダー
GPU インスタンシング