アニメーションのレイヤー
ターゲットマッチング

ソロおよびミュート機能

複雑なステートマシンでは、マシンの一部分の処理だけをプレビューしたほうが便利です。これは、ミュート/ソロ機能を用いることで可能です。ミュートにすると、トランジションが無効化されます。ソロを選ぶと、トランジションは同じステートから派生した他のトランジションを尊重しつつ有効化されます。ソロやミュートは、ステートのトランジションすべてを概観することのできる State Inspector (推奨)や Transition Inspector からセットアップすることができます。

ソロの遷移は緑で示され、ミュートの遷移は次のように赤で示されます。

上の例では、State 0 (ステート 0 )である場合、State A (ステート A )および State B (ステート B )への遷移のみが利用可能となります。

  • 原則は、ソロが選択されると、その遷移からの残りのステートはミュートされます。
  • もしソロおよびミュートがともに選択された場合、ミュートが行われます。

既知の不具合。

  • コントローラーグラフは必ずしもエンジンの内部のミュートステートを反映しません。
アニメーションのレイヤー
ターゲットマッチング