ゲームオブジェクトを非アクティブにする
静的ゲームオブジェクト

タグ

タグ は、1 つまたは複数の ゲームオブジェクト に割り当てることができる参照ラベルです。たとえば、プレイヤーが制御するキャラクターには「プレイヤー」タグを、プレイヤーが制御しないキャラクターには「敵」タグを定義します。シーン内で収集するアイテムは「アイテム」タグを使って定義します。

タグは、スクリプトを行うときにゲームオブジェクトを識別するのに役立ちます。タグにより、スクリプトのアクセス可能なプロパティーにゲームオブジェクトをドラッグアンドドロップで手動で追加する必要がありません。それにより、複数のゲームオブジェクトで同じスクリプトコードを使用する場合に、時間を節約できます。

タグは、コライダー 制御スクリプトのトリガーに有用です。トリガーは、プレイヤーが何と相互作用しているのか (敵、小道具、アイテムなど) を判断する必要があるからです。

GameObject.FindWithTag() 関数を使用して目的のタグをもつオブジェクトを探すように設定すると、ゲームオブジェクトを見つけることができます。以下の例では、GameObject.FindWithTag() を使用し、「Respawn」タグを持つゲームオブジェクトの位置で respawnPrefabをインスタンス化します。

JavaScript

var respawnPrefab : GameObject;
var respawn = GameObject.FindWithTag ("Respawn");
Instantiate (respawnPrefab, respawn.position, respawn.rotation);

C#

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class Example : MonoBehaviour {
    public GameObject respawnPrefab;
    public GameObject respawn;
    void Start() {
        if (respawn == null)
            respawn = GameObject.FindWithTag("Respawn");
        
        Instantiate(respawnPrefab, respawn.transform.position, respawn.transform.rotation) as GameObject;
    }
}

新規タグの作成

Inspector のゲームオブジェクトの名前のすぐ下に TagLayer のドロップダウンメニューがあります。

新しいタグを作成するには、 Add Tag… を選択します。 すると、インスペクターで Tag and Layer マネージャー が開きます。 いったんタグに名前を付けると、タグの名前を後で変更することはできません。

レイヤーはタグと似ていますが、シーン内でゲームオブジェクトをどのようにレンダリングするかを決めるために使用されます。詳細は、レイヤー のドキュメントを参照してください。

タグの適用

インスペクター のゲームオブジェクトの名前のすぐ下に TagLayer のドロップダウンメニューがあります。ゲームオブジェクトに既存のタグを適用するには、Tags ドロップダウンを開いて適用するタグを選択します。すると、ゲームオブジェクトはこのタグに関連付けられます。

ヒント

  • ゲームオブジェクトに割り当てることができるタグは 1 つだけです。

  • Unity には Tag and Layer マネージャーに表示されないビルトインタグがいくつかあります。

    • Untagged
    • Respawn
    • Finish
    • EditorOnly
    • MainCamera
    • Player
    • GameController
  • 任意の単語をタグとして使用できます。短い句を使用することも可能です。ただし、その場合は、タグ全体を表示するために、インスペクターの幅を広げる必要があるかもしれません。

ゲームオブジェクトを非アクティブにする
静的ゲームオブジェクト