Version: 2020.3
Halo
Flare

Lens Flare

Lens Flare (レンズフレア) は、カメラのレンズ内で屈折する光の効果をシミュレートします。明るい、あるいはぼんやりとした光を表現し、シーンにちょっとした雰囲気を加えるために使用されます。

レンズフレアを設定する最も簡単な方法は、Flare AssetLightFlare プロパティに割り当てることです。このようにすると、Unity は自動的にライトの位置と方向を追跡します。より正確に制御するには、このコンポーネントを使用します。

レンズフレアを手動で作成するには、以下を行います。

  • 新しい GameObject を作成します (GameObject > Create Empty)。
  • Inspector で、Add Component > Effects > Lens Flare をクリックします。
  • Flare AssetFlare プロパティに割り当てます。

Camera にレンズフレアを表示させたい場合は、Camera のゲームオブジェクトに Flare Layer コンポーネントをアタッチします。

シーンビュー でレンズフレア効果を見るには、シーンビューツールバーの Effect トグルを有効にし、ドロップダウンで Flares を有効にします。

エフェクトトグルを有効にして、シーンビューでレンズフレアを表示します
エフェクトトグルを有効にして、シーンビューでレンズフレアを表示します

プロパティ

プロパティ 機能
Flare 描画するフレア。レンズフレアの外観のほとんどを制御するのは、Lens Flare コンポーネントではなく、このアセットです。レンズフレアの外観をカスタマイズするには、割り当てられた フレアアセット を Inspector で開きます。ここでは、フレアのすべてのプロパティを表示および編集できます。各プロパティが何を制御するかについては、Flare のドキュメント を参照してください。Unity の Standard Assets パッケージ には、あらかじめ設定された Flare が含まれています。
Color フレアの色合いを決める色。シーンの雰囲気に合わせて、レンズフレアの色合いを調整することができます。
Brightness レンズフレアが表示されるサイズと明るさ。
Fade Speed Unity がレンズフレアをフェードイン、アウトするスピード。
Ignore Layers どのレイヤーにレンズフレアを表示するかを決定するマスク。
Directional フレアの方向をゲームオブジェクトの正の Z 軸方向に定めることを示します。これを有効にすると、フレアはあたかも無限に遠くにあるかのように見え、ゲームオブジェクトの位置を追跡せず、Z 軸の方向のみに沿って表示されます。

詳細

  • 非常に明るいレンズフレアを使用する場合は、その方向がシーンの主要な光源に合うようにしてください。
  • 独自のフレアをデザインするには、フレアアセットを作成します。これを行うには、Assets > Create > Lens Flare をクリックします。
  • Colliders は、レンズフレアを妨げます。Flare ゲームオブジェクトとカメラの間にコライダーがあると、コライダーが Mesh Renderer を持っていなくても、レンズフレアを隠します。コライダーが Trigger としてマークされている場合、Physics.queriesHitTriggers が true の場合のみ、レンズフレアを妨げます。
Halo
Flare