Version: 2019.4
バージョン管理システム
Unity エディター を使用して Unity Cloud Build を Git 用に設定

Unity Developer Dashboard を使用して Unity Cloud Build を Git 用に設定

Unity Cloud Build は Git リポジトリに格納したプロジェクトをサポートします。リポジトリは GitHubGitLabBitbucket、または、プライベートサーバーでホストできます。

ノート: この機能を使用するには、Unity Teams Advanced のサブスクリプションが必要です。詳しくは、UnityTeams を参照してください。

このページでは、以下を説明します。

Dashboard で GIT を設定

GitHub リポジトリのプロジェクトをビルドするために Cloud Build を設定するには、以下を行います。

  1. Unity Developer Dashboard にサインインします。
  2. Projects ページでプロジェクトを選択します。
  3. Dashboard の Overview ページで、Cloud Build タイルの OPEN CLOUD BUILD DASHBOARD をクリックします。
  4. Build History ページで Set up Cloud Build をクリックします。

以下の認証プロトコルを使用して、リポジトリへのアクセスを設定します。

  • OAuth (デフォルト)
  • SSH

OAuth を使用したリポジトリへのアクセスには、Cloud Build を以下のように設定します。

  1. Source Control ページで GitHubBitbucketGitLab のいずれかのタイルをクリックします。
  2. 選択したソースコード管理サービスに対しアカウントへのアクセスを承認します。
  3. Select a Repository ページでプロジェクトをビルドするリポジトリを選択してから、NEXT: TARGET SETUP ボタンをクリックします。

ノート: 現在、ソースコード管理サービスにサインインしている場合、Cloud Build は使用しているアカウントの証明書を使用してリポジトリリストを取得します。 別のアカウントのリポジトリのプロジェクトを設定するには、まずソースコード管理サービスからサインアウトし、それからプロジェクトを設定します。

次の手順に関するより詳細な情報は、ターゲットビルドプラットフォームの設定 を参照してください。

SSH を使用したリポジトリへのアクセスには、Cloud Build を以下のように設定します。

  1. Source Control ページで Manual タブをクリックします。

  2. SCM URL フィールドで、Git サーバーの URL を以下のいずれかの形式で入力します。

    • Non-SSL: host:port
    • SSL: ssl:host:port
  3. リポジトリに接続するには、Git サーバーへの URL を指定します。 URL の形式に関する情報に関しては、下の URL 構文 を参照してください。

  4. SCM Type ドロップダウンから GIT を選択します。

  5. NEXT: ACCESS ボタンをクリックします。

Unity Cloud Build がホスティングサイトに接続すると、リポジトリがパブリックかプライベートかを自動的に検出します。リポジトリがパブリックの場合、Cloud Build はそれに自動的に接続するので、ターゲットビルドプラットフォームの設定 の手順にスキップできます。 リポジトリがプライベートの場合は、プライベートリポジトリの使用 を参照してください。

Unity Cloud Build がホスティングサイトに接続すると、リポジトリがパブリックかプライベートかを自動的に検出します。 リポジトリがパブリックの場合、Cloud Build はそれに自動的に接続するので、ターゲットビルドプラットフォームの設定 の手順にスキップできます。

URL 構文

リポジトリに接続するには、Git サーバーへの URL を指定する必要があります。以下の構文を使用して URL を指定できます。

  • HTTPS
  • GIT
  • SSH

以下は GitHubbitbucketGitLab の URL の例です。

  • https://github.com/youraccount/yourrepo
  • git://github.com/youraccount/yourrepo.git
  • git@bitbucket.org:youraccount/yourrepo.git
  • git@gitlab.com:youracccount/yourrepo.git

ノート: プライベートなサーバー上で Git をホスティングしている場合は、SSH を使ってリポジトリに接続する必要があります。

自分が最も慣れた形式で入力すると、Unity Cloud Build は自動的にその URL を適切な形式に書き直します。

プライベートリポジトリの使用

リポジトリがプライベートな場合は、Cloud Build は SSH を使用してそれに接続します。Cloud Build によってリポジトリがプライベートであることが確認されると、Grant us access to your source control ウィンドウが表示されます。

SSH キーを GitHub に設定

SSH キーを Github のプロジェクトに加えるには、以下の手順を行います。

  1. GitHub にサインインします。

  2. GitHub ページの右上の自分のプロフィール写真をクリックし、それからプロフィールをクリックします。

  3. Profile ページで、Repositories をクリックし、それから、リポジトリ名をクリックします。

  4. リポジトリで Settings タブをクリックします。

  5. サイドバーの Deploy Keys をクリックし、それから Add deploy key ボタンをクリックします。

  6. Title フィールドに、このキーを認識できる名前を入力します。

  7. Key フィールドに、 Grant us access to your source control ウィンドウからパブリックキーをコピーアンドペーストし、それから、Add key ボタンをクリックします。

Deploy Keys に関して詳しくは、GitHub ドキュメントの Managing Deploy Keys を参照してください。

また、SSH キーを GitHub アカウントに加えて、アカウントのすべてのリポジトリから Cloud Build にアクセス可能にすることもできます。詳しくは、GitHub ドキュメントの Adding a new SSH key to your GitHub account を参照してください。

SSH キーを Bitbucket に設定

SSH キーを Bitbucket アカウントに加えるには、以下の手順で行います。

  1. GitHub アカウントにログインします。

  2. ページの左下の自分のアバターをクリックします。

  3. Bitbucket Settings をクリックします。

  4. Settings pageSECURITY セクションで、SSH Keys をクリックします。

  5. SSH Keys で、Add key ボタンをクリックします。

  6. Label フィールドにキーを認識できる名前を入力します (Unity Cloud Build など)。

  7. Key フィールドに、 Grant us access to your source control ウィンドウから Unity Cloud Build SSH キーをコピーアンドペーストします。

  8. Add Key をクリックします。

Grant us access to your source control ウィンドウで Next: Target Setup をクリックします。

ターゲットビルドプラットフォームの設定

Dashboard の NEW BUILD TARGET: BASIC INFO で、以下を行います。

  1. Target Label フィールドに、ビルドの名前を入力します。

  2. リポジトリのルートフォルダーに Assets フォルダーと ProjectSettings フォルダーが含まれていない場合は、Project Subfolder フィールドに、Assets フォルダーと ProjectSettings フォルダーを含むフォルダーの URL を入力します。

  3. Unity Version ドロップダウンから、プロジェクトをビルドする Unity のバージョンを選択します。

  4. リポジトリが更新されるたびにプロジェクトが自動的にビルドされないようにするには、Auto-build トグルボタンを切り替えてこの機能を無効にします。

iOS または Android プラットフォーム用にビルドする場合は、次にビルドの証明書を入力します。Next: Credentials をクリックします。他のすべてのプラットフォームの場合は、Next: Build をクリックして設定を完了し、最初のビルドを開始します。

Android Credentials

SIGNING CREDS では以下の情報を提供します。

  • デバイスと Google Play Store でアプリケーションを確認するのに使用される Bundle ID

  • 開発用キーストアを利用するには、Android Keystore の証明書を入力するか Auto Generated Debug Keystore を選択します。詳しくは Android Keystore System を参照してください。

iOS Credentials

SIGNING CREDS では以下の情報を提供します。

  • デバイスでアプリケーションを確認するのに使用される Bundle ID

  • アプリケーションをビルドするための Xcode バージョン。

  • iOS 証明書を入力します。 iOS キーについて詳しくは、iOS のビルド を参照してください。

Git サブモジュールの使用

プロジェクトにプライベートの Git サブモジュールを使用している場合は、.gitmodules ファイルにある URL が https://git:// でなく、git@ 構文を使用していることを確認してください。

以下はその例です。

  • git@github.com:youraccount/yourrepo.git (GitHub 用)

  • git@bitbucket.org:youraccount/yourrepo.git (Bitbucket 用)

  • git@gitlab.com:youracccount/yourrepo.git (GitLab 用)


2018–07–16Page amended

バージョン管理システム
Unity エディター を使用して Unity Cloud Build を Git 用に設定