Version: 2021.3
Advanced options (詳細オプション)
エクスポート前メソッドとエクスポート後メソッド

開発用ビルド

Unity Cloud Build は、デフォルトではリリース用にプロジェクトをビルドします。開発用のビルドを作成するには、ビルドターゲットの Advanced Options にアクセスし、Development Builds のボックスにチェックを入れます。

Advanced Options 編集画面
Advanced Options 編集画面

Development Builds ボックスをチェックします。これを有効にすると、BuildOptions API に 2 つのフラグが設定されます。

  • Development: 開発ビルドはデバッグシンボルを含み、プロファイラーが使用可能になります。

  • AllowDebugging: スクリプトデバッガーを遠隔的にプレイヤーに設定することが可能になります。

Web Player のビルドをプロファイルするには、開発版の Web Player がインストールされている必要があります。.unity3d ファイルのプロファイリングは、開発版の Web Player ビルドがアクティブなときにのみ行うことができます。開発ビルドのプロファイリングの詳細については、Profiler ウィンドウ を参照してください。

Advanced options (詳細オプション)
エクスポート前メソッドとエクスポート後メソッド