Plastic SCM の統合
Smart Merge

Using external version control systems with Unity

Unity はアドオン製品として アセットサーバー (チームライセンス) を提供し、 バージョン管理の統合(チームライセンス)を容易にします。なんらかの理由で Unity Asset Server を使用できない場合も、PerforcePlasticSCM といった外部のバージョン管理システムにプロジェクトを格納することができます。なんらかの理由でこれらのシステムが使用できない場合は Subversion や Bazaar も使用することが可能です。これはプロジェクトでの手動による初期セットアップが必要です。

プロジェクトをチェックインする前に、外部のバージョン管理システムにアセットを格納させるために、Unity のプロジェクト構造を少し変更する必要があります。これをするには、アプリケーションメニューで Edit->Project Settings->Editor を選択して Version Control のドロップダウンから Visible Meta Files を選択することで、外部のバージョン管理システムのサポートを有効化します。これにより Assets フォルダーのすべてのアセットに対して、Unity で必要な管理情報のテキストファイルが作成されます。このファイルには .meta 拡張子がつけられ、関連するアセットのファイル名で名前が始まります。Unity での移動およびアセットのリネームが行われたとき、関連する .meta ファイルの更新もし行います。しかし、外部ツールからアセットを移動またはリネームする場合、関連する .meta も同期したことを確認してください。

When checking the project into a version control system, you should add the Assets, Packages and the ProjectSettings directories to the system. The Library directory should be completely ignored - when using .meta files, it’s only a local cache of imported assets.

アセットを新規に作成するとき、アセット自身と関連する .meta ファイルがバージョン管理に追加されることを確認してください。

サンプル: 新規プロジェクトを作成し Subversion リポジトリにインポート

最初に svn://my.svn.server.com/ に Subversion リポジトリがあり、svn://my.svn.server.com/MyUnityProject にプロジェクトを作成したいとします。 次の手順にしたがって、システムで初期インポートを作成してください:

  1. Unity 内で新規プロジェクトを作成し、InitialUnityProject と名前をつけます。ここで初期アセットを追加または、後ほど追加することもできます。
  2. Edit->Project Settings->EditorVisible Meta files を有効化
  3. Unity を終了(すべてのファイルを確実に保存するため)
  4. プロジェクトディレクトリの Library ディレクトリを削除
  5. プロジェクトディレクトリを Subversion にインポートします。もしコマンドラインのクライアントを使用する場合、これは初期プロジェクトがあるディレクトリから次のように行います svn import -m"Initial project import" InitialUnityProject svn://my.svn.server.com/MyUnityProject 成功した場合、プロジェクトは Subversion にインポートされます。InitialUnityProject ディレクトリを削除しても問題ありません。
  6. Check out the project back from subversion svn co svn://my.svn.server.com/MyUnityProject and check that the Assets, Packages and ProjectSettings directory are versioned.
  7. チェックアウトされたプロジェクトを Unity で開くために、起動する際に Option または左の Alt キーを押したままにします。プロジェクトを開くことで、上記の手順 4 の Library ディレクトリが生成されます。
  8. オプションとして: バージョン管理をしない Library ディレクトリに対して無視( igonre )するフィルターを設定 svn propedit svn:ignore MyUnityProject/ Subversion がエディターを開くため、Library ディレクトリを追加します。
  9. Finally, commit the changes. The project should now be set up and ready: svn ci -m"Finishing project import" MyUnityProject
Plastic SCM の統合
Smart Merge